ビワ療法の威力に感激

山口県徳山市 重岡典子 さん (44歳)

30歳を過ぎた頃から体調がすぐれず、身体がだるくて体温も下がり気味になりました。
調子の良い時期とそうでない時期が交互に訪れ、整体、気功、カイロプラクティック、電気治療など各種治療を受けてきました。

様々な治療を受けていると体験的に治療のポイントが分かってくるものです。
ツボや筋肉の名称が分からなくても、どこをどう刺激するとどんな改善が得られるかが自然とつかめ、自分の体調が良い時は勤務先の人たちをマッサージしてあげるのが趣味のようになっていました。
また、足ツボにも興味を抱き独学で反射区を覚えたりしましたが、ビワの葉療法の普及に励むようになったいま、それらのことが大いに役立っています。

ビワの葉温灸に出会ったのは去年の夏です。
友人に誘われて《ビワキューヘルス斉藤》で施術を受けたところ、疲れは一気に吹き飛びました。(※《ビワキューヘルス斉藤》のご紹介はこちらです。)
それからは回を重ねるごとに体調が良くなり、ビワの威力を確信した私は講習会に参加し、温灸器を購入して身近な人から順に温灸を当ててあげました。

温灸を体験した人はみんな決まって「天国にいるみたい」と口にします。
あっという間に50人を超える人に温灸を当てましたが、中でも短期間で改善がみられた例をいくつか紹介します。

  • 脳梗塞のマヒに効果(男性、71歳)
    8年前に脳梗塞で倒れてから左腕が上がらない。また、左手は握ったまま開くことができなかった。
    肩のツボを中心に肩髃、曲池、手の三里に施灸。
    即座に腕が上がり、週1回のペースで続けたところ、4回目にしてゴムボールが握れるまでに回復。
    付き添いの奥さんが感激し、講習会に参加して、ビワの葉療法について学び始める。

  • 胃の不調が改善(女性、37歳)
    胃の調子が悪く、内科で薬を処方されたが治らず、何事にも意欲が湧かないとのこと。
    上半身、肩の高さが左右異なり、全身がとても冷えていた。
    胃を中心に施灸。腰にもていねいに温灸を行なったところ、1回目にも関わらず少量ながら汗をかき、とても楽になる。

  • 便秘が解消
    慢性の便秘で10日間お通じがない。
    身体全体が硬いためまずは基本のツボを施灸。さらにヘソを中心とした下腹部を施灸。
    4日連続、施灸。3日目に二度の便通あり。4日目にも便通。
    それ以後、快便が得られるようになり身体のコリも解消された。

  • 膝の痛みが解消(女性、54歳)
    膝に水が溜まって正座ができない状態。
    まず基本のツボを施灸し、脚の側背部を中心に委中、承山、膝の周辺等をていねいに施灸。
    4回目で痛みがほとんど消え、週1回のペースで3ヵ月目にして硬めのジーンズ着用で正座が可能となる。

  • 足が動くようになった(女性、55歳)
    3年前、突然右足が動かなくなる。肩こりもある。整形外科、整体に通うが思うように回復せず。
    基本のツボを施灸後、座骨神経痛のツボと環跳、胞盲を施灸。
    4ヵ月で立ち仕事ができるようになり、肩こりもなくなる。

  • 重度の肩こりにも(女性、56歳)
    8年前から首が凝り、全身が重く感じられる。
    肩のツボを中心に施灸。2回目で首のコリが取れ、週1回の施灸を2ヵ月続けたところで身体が軽く感じられるようになる。
ほかにもいろいろ改善例はあります。あえて報告しないまでも、いずれも温灸を行った私自身が感動しています。
息子が風邪で微熱があったときビワエキスを背中や首に塗り、タオルを巻いて寝かせただけで見事に改善したこともありました。

私のビワ温灸は身内でも有名になりました。お盆や正月に親戚が集まると必ず「温灸やってちょうだい!」とリクエストが殺到、大忙しでビワ温灸を当てています。

◎びわ温灸しげおか
山口県徳山市久米西光寺2968−5
電話:0834−25−2818

◎「びわ温灸しげおか」に関する体験談 『ビワと健康』  99年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワ療法の威力に感激
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入