長年の背中の痛みが解消

山口県周南市 びわ温灸しげおか 重岡典子 代表

4年前から胸の圧迫感と背中の痛みを抱えていた女性(61)が、ビワ温灸で短期改善した例をご紹介致します。

この女性は老人ホームに勤務しておられますが、ヘルパーの方々にとって職業病とでもいうのでしょうか、お年寄りを片側から支えるなど負担のかかる体勢をとることが多く、皆さん腰痛や背中痛を訴えます。

彼女も例外ではなく、肩甲骨周辺(五十肩が痛むライン)に張りがみられ、少し押さえただけで「ウッ」と声があがるほどで、腕の上げ下げにも支障をきたし、寝ても覚めても痛みから逃れられない状態でした。
おまけに人一倍働き者で農作業にも精を出されるようで、だましだまし頑張ってきたけれどとうとう堪え切れなくなってうちを訪ねたとのことでした。
病院で検査を受けてもレントゲンでは内臓的な疾患は認められず湿布程度の治療のみで、どうにもならなかったのです。

背中に強い痛みが現出していましたが、今の季節は特にお腹が冷えている方が多く、少なからず背中にも影響を及ぼしているため私は背中よりむしろお腹を温めることにポイントを置いています。
割合で言うと、お腹と背中は2対1です。

ちなみに痛みが背中から首、さらに頭まで出ている人は冷房で汗が抑えられ発汗できなくなっているケースが多く、そういう場合はビワの葉茶を飲んでもらって発汗できる体に戻すことを勧めています。
また、就寝時には薄手のタオルを半分に折り、胸の下からおへそ、下腹部までを包むように肌に当て、その上から下着を着けると背中や首の張りがかなり楽になります。

さて、この女性ですが、なんと1回目のビワ温灸で長年の痛みが取れてしまい、まさにあれよあれよという感覚でした。
ビワ温灸の威力にびっくりした彼女は、数回通ううちに「私もビワ療法を勉強したい」と言われ、丁度、同時期にビワ療法を学びたいと言われる方がおられ、二人して普及会の指導員認定を得るべく学び始めることになったのです。
学び始めた二人がお互いにビワ温灸を当て合ったのも奏効し、背中の痛みは収まったのでした。

4ヶ月間、順調に来ましたが、順調すぎて農作業を再開し、ふたたび背中に痛みが出てしまいました。
「調子が良いので安心したのがいけなかった。ビワ温灸も毎日やりよったのに、少し休んでいた・・・」
過信を反省することしきりの彼女でしたが、認定も間近となり、これから人にも当ててあげたいと言われるだけに、「無理をせず頑張っていきましょう」とお伝えしました。

最後に、背中の痛みにビワ温灸を行なう場合のポイントの一つに例えば右の背中が痛む時は前面、すなわち右の胸にも当てることが改善を早めることに繋がるようです。
参考にしてください。

◎びわ温灸 しげおか
山口県周南市久米西光寺2968−5
TEL:0834−25−2818

◎「びわ温灸しげおか」に関する体験談 『ビワと健康』  2008年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 長年の背中の痛みが解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入