脇腹の痛みが取れた!

山口県徳山市 青木貞子 さん (74歳)

前日に廊下を磨いたのがこたえたのか、あるいは重い荷物を持ったのが良くなかったのか、脇腹付近が猛烈に痛くなりました。
夜、寝床に就くときはまだしも、ひとたび横になると寝返りすらままならず痛みで目を覚ますこともしばしばでした。

最も辛いのは朝起きるときです。右を向いても左を向いても、どうにも痛くて起き上がれません。
若い時分なら少々重い荷物を運んでも鍼や按摩に行けば回復していました。
しかし、仕事をやめてからは痛みを味わうことはなく戸惑いました。
義理の姉に話したところ、自分が通うビワ温灸が良いのではないかとのことで、「ビワキューヘルスしげおか」に一緒についていくことになりました。

重岡典子先生は、私の話を聞きながら全身にていねいにビワ温灸を当ててくださいました。
もっとも、先生の指示どおり身体の向きを変えようとしても痛くて思うように動かせず、本来の温灸すべてを受けることはできませんでした。
それでも、温灸の施術を受けている間は非常に気持ちが良く、楽になるのがよく分かりました。

痛みが収まるにはしばらく時間を要しました。
毎日ビワ温灸に通っても、2回目、3回目が終わった時点では、まだ寝返りは打てませんでした。
寝ている間に尿意を催したら痛みでとても起き上がれそうにない。どうしよう、紙おむつに頼らないといけなくなるのだろうか…。
不安な思いが次々と押し寄せ、寝ること自体が怖くなり、立ったまま眠る方法はないものかと本気で考えたほどです。

しかし、転機は間もなく訪れました。
ビワ温灸を始めて1週間、朝、何気なくスッと起きていたのです。あれほどの痛みをコロッと忘れてです。
そこまでくると早いもので、10回目の温灸が終わった頃には完全に痛みが消えていました。

痛みが消えていく過程で本当に助かったのがビワエキスです。
夜、痛くて目が覚めると腹であれ腰であれ、痛む箇所にビワエキスを塗ると不思議と痛みが和らぎ、いつの間にか再び眠りに就いていたという経験を何度もしました。

義姉は咳が消えた

そういう訳で大変感謝していますが、ビワ温灸を勧めてくれた義姉は、私以上にビワ温灸に助けられていると思います。
83歳。高齢ということもあって膝や腰の痛みを抱えていますが、ビワ温灸のおかげでずいぶん楽になったと言っていますし、何より咳をしなくなりました。
施術の様子を見ていると、重岡先生はまず姉の胸を両手で開くようにして、それから喉の下から胸部全体にタップリと時間をかけてビワ温灸を行います。
義姉自身も熱心で、自宅でも自分でビワ温灸を当てています。

実は、義姉の娘さんが足の靭帯を切る事故に遭ったことがあり、ビワ温灸ですごく早く回復したのです。
重岡先生のお世話になるまで鍼灸院に週1回通っていましたが変化は見られませんでした。
医者から「最低3ヶ月かかります。それまでは包帯を外してもいけません」と言われていたのですからやむを得ないと言えばそれまでですが、ビワ温灸を始めてからグングン良くなっていったのです。
娘さんは鍼治療をやめ、ビワ温灸のみ続けておよそ1ヶ月で驚異的な回復をみせ、一人では降りられなかった階段も降りられるようになったのです。
その娘さんから「ビワ温灸を続けるとジワーッと良くなるよ」と聞いていたからこそ容易に受け入れられたという訳です。
そんな訳で私もご縁をいただいて辛い思いから逃れることができました。

◎ビワキューヘルスしげおか
山口県徳山市久米西光寺2968−5
電話:0834−25−2818

◎「びわ温灸しげおか」に関する体験談 『ビワと健康』  2001年8月15日号)
●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 脇腹の痛みが取れた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入