ビワ酢と温灸で冷え対策

山口県周南市 びわ温灸しげおか 重岡典子 代表

夏場はビワ酢がとても人気です。

うちの息子(23)は「頭がすっきりする」といってビワ酢を水で割って飲みますが、720ml入りの瓶を僅か1ヶ月で2本空にしてしまいました。
息子に限らずビワ酢は以外と若い人に好評で、パソコンに向かって仕事をするOLさんにも同様の理由で愛飲されています。

若くても頭皮がカチカチの人は結構います。
パソコンによる眼精疲労とクーラーでの冷やしすぎで後頭部が締めつけられるような偏頭痛を抱えてしまっているケースが少なくありません。
こういうときは脳の一部といわれる眼球は真水で冷やし、後頭部はビワ温灸で温め、さらにビワ酢を飲めば頭痛はとれます。

また、ビワ酢を原液のまま南蛮漬けに使ったり、醤油やマヨネーズを加えてドレッシングとして活用している人もおられます。
ビワ酢は天然の玄米酢が主原料ですから、高血圧や脳関係に症状が出ている人にはお奨めです。

また、ふくらはぎが硬い人が増えています。血液が上半身に集まっている人で、例えば心臓や脳関係の疾患の方ですが、そういう場合は手技で揉みほぐすとともにビワ温灸を行ない、さらにビワ酢も飲んでもらうと良いようです。

顔だけ汗をかいている状態も要注意です。発汗は全身からが自然ですから私が勧めているのはビワ茶で水分を取りつつ、就寝時には腹巻やバスタオルでお腹を温める方法です。

ビワ酢、ビワ茶、ビワ温灸を上手に用いて夏こそ冷えに対処した生活を意識して乗り切って頂きたいと思います。

◎びわ温灸 しげおか
山口県周南市久米西光寺29−68−5
TEL:0834−25−2818

◎「びわ温灸しげおか」に関する体験談 『ビワと健康』  2006年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワ酢と温灸で冷え対策
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入