腫瘍マーカーと美肌効果

山口県周南市 ビワ温灸しげおか 重岡典子 代表

去年から今年にかけて、身内がガンを患っておられるという方が多く、私が直接お会いしたのは一人だけですが、立て続けに3人の方がビワの種(錠剤タイプ)と温熱療法を併用することで腫瘍マーカーの数値が下がるなど、改善の兆しが見られています。

私としては、初めは半信半疑でした。
ビワの種を飲み、体を温めることに集中して、ストレスを溜めないようなるべく人と会って話をする。
そう助言した方たちが、ご本人が効くと思って飲むから余計に良いのかもしれませんが、中にはステージ3からステージ1になった方もおられます。
このように大腸ガンでも胃ガンでも、良い変化が得られていますが、私がお勧めしているのは半身浴等でしっかり体を温めることとビワの種をしっかり飲むことです。

「ビワの種を飲んで、ステージ3からステージ1になった人がいるのよ」
来られた方にお伝えしたところ「それならうちの主人にも飲ませてみよう」と言われ、なんとその1ヵ月後にご主人は職場に復帰され、出張にも行かれるようになられたのでした。
その方は胃ガンでした。それもタチの悪い種類だそうですが、腫瘍マーカーが劇的に下がり、奥様もびっくりされていました。

ガンの方が飲んでおられるビワの種の量は、1日3回、朝昼晩合わせて30〜40錠です。
もちろん、ビワ温灸器を持っておられる方は温灸もして頂きます。
うちに来れる方だと施術しながらお話をよくお聞きし、ストレスの根源となっている毒出しを促すよう努めています。

ビワの種に思わぬ美白効果

また、ビワの種で肌が白くなった方もおられます。
50代前半の方ですが、花粉症で鼻がズルズルしているとおっしゃるのでビワの種をお勧めしました。
鼻水自体はすぐには止まりませんでしたが、その代わり肌の色が白くなったのです。
ビワの種で肌の色が白くなるというのは、肝臓や腎臓に作用しているのではないかと思われます。
また、体がだるくてうちに来られている人は、見るから地黒で、肝臓と腎臓がかなり傷んでいる感じでした。
肝臓の働きが悪いと肌は褐色になり、快方に向かうと白くなってきます。
一方、腎臓が悪いと肌は灰色がかってきます。

他にも40代前半の方は、両手両足が水虫のような感じで浅黒く、体中にシミのような湿疹が沢山出来ていました。
結局、内臓が良くなかったのでしょう。施術を通して背中もきれいになられました。
肌の色が白くなるまで、施術を始めて1ヵ月も経っていません。
その間に体調も良くなっておられるのです。
期待した以上に効果が得られているビワの種の潜在力に、お勧めした私自身が驚いています。

◎びわ温灸しげおか
山口県周南市久米西光寺2968−5
TEL:0834−25−2818

◎「びわ温灸しげおか」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腫瘍マーカーと美肌効果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入