肩痛と冷え性が解消

山口県周南市 びわ温灸しげおか 重岡典子 代表

昨年の2月から来られ、ビワ温灸でとても元気になられたご夫婦を紹介します。

ご主人の属(さっか)守夫さん(57)は2年前から左の肩から腕にかけて激痛と痺れがあり、夜、目が覚めるほどだったそうです。
仕事をしていても人と話をしていてもいつも意識は左腕にあり、取ってしまいたいくらいだったと言われていました。

施療は、胃がストレスで硬くなっていたので背面から胃と腎臓を中心に時間をかけました。
下半身が冷え、腸の働きもよくありませんでした。
前面は、おへそを中心にして同様に胃と肝臓を意識して当てました。
7月にはとても元気になられました。

腹部を温めることで気持ちがどんどん緩んでいき、いつも施療が終わるころには「眠くなったぁ〜」と言われました。
また、腰部を中心に温めることで上半身に集まっていた血液が下半身にも流れ、体全体の血流が良くなりました。
現在は念のため月2回来られています。

奥様の芳江さんは、ご主人ほどではありませんがやはり左腕が上がらないのと喘息があって風邪もひきやすい体質でした。
施療はご主人と同じです。食べ過ぎで胃が硬くなっていたので、日ごろの食べすぎに気をつけて頂き、下半身の冷えがひどかったので腹巻きを着用して頂きました。

昨年から今年にかけて非常に寒い日が続きましたが、ご夫婦とも施療後はうっすら汗が滲むまでに体質が改善され、本当に元気になられました。
お二人の心からの笑顔に出会え、今さらながら『ビワ療法の指導員になって良かったぁー』と実感しています。

ちなみにビワ温灸の施療を補助する意味で、体の痛み、喉の痛み、咳にはビワエキスを用いました。
料理にはビワ酢を使用して頂きました。酢が苦手だったご主人も食べられるようになったそうです。

また、毎日ビワ茶を飲むことで胃腸の調子を整えておられます。

◎びわ温灸しげおか
山口県周南市久米西光寺2968−5
TEL:0834−25−2818

◎「びわ温灸しげおか」に関する体験談 『ビワと健康』  2006年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肩痛と冷え性が解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入