腫瘍マーカー値が下がった

東京都杉並区 栖岸院・本應寺 浄土宗僧侶 愚乗様

ホームヘルパー(介護職員)の女性(60代半ば)は、5〜6年前に大腸ガンと乳ガンの手術を経験されていました。
かつては老人ホームに勤務していましたが、とても働き者で、夜勤明けでも昼間寝ていることが出来ず、別の仕事をかけ持ちしていたそうです。
そんな生活を何年も続けるうちに低体温症になったらしく平均体温は34度台で、今も変わらないとのことです。
やがて還暦を迎える頃に大腸ガンを発症し、その数年後には乳ガンを患って、どちらも切除手術を受けたのでした。
すでにヘルパーの仕事は辞めていましたが、20年ほど前に当寺院と縁もあって、住職のお母様(当時97歳)の介護をお願いし、数年前から週2〜3回来て頂いていました。

住職は、彼女がガンを患ったのを知りビワ温灸をお勧めし、私が何回が当ててあげることがありました。
ビワ温灸が気に入った彼女は、しばらくして温灸器を購入し、自分で当てるようになりました。
3ヵ月に1回の血液検査で腫瘍マーカーの数値が示されますが、彼女の数値は異常とまではいかないものの正常内としては高い基準で推移しており、再発を怖がっていました。
不安を抱える彼女に対し、住職は「それならビワの種だよ」と焙煎したビワの種をお勧めしました。

ビワ温灸は多少の手間が掛かるので疎かになりがちだったようです。その点、ビワの種は飲むだけなので至って手軽です。
飲み始めて間もなくでした。腫瘍マーカーの数値が劇的に下がり、正常値内でも下の方になったそうです。
2年経った今もずっと正常値が維持されていてビワの種の威力を実感しますが、低体温症の改善を考えるとビワ温灸も行うとなお良いだろうと思います。

難聴、膝痛が改善

以前、舌ガンを患った男性(65)が、毎年、内視鏡検査を受けるたびに食道にポリープが見つかって取り除いていたけれど、ビワのお茶を飲み、お念仏のCDを聴くようになってから初めて定期検査でポリープが出来ていなかったという改善例を紹介しましたが、今回はその方の奥さん(60代)の改善例をお伝えします。

この方は、白内障と両耳が聞こえにくい症状があり、週1回来られていました。白内障では思うような改善は見られませんでしたが、聞こえづらかった耳については、施術を始めて半年ほどでかなり聞こえるようになりました。
耳が改善された頃、新たな問題が起こりました。
吉祥寺駅でビルの建て替え工事が行われており、臨時の通路は歩きにくく、白内障ということもあって仮説の階段で足を踏み外し、転倒して右膝と右足首を痛めてしまったのです。
突然のことで、膝を捻ったのか打撲したのか分からなかったそうですが、アザが出来ていたので相当強く打ちつけた様子でした。

痛む右足をかばって歩くものだから古傷の左足首にまで痛みが出てきて大変でしたが、ビワ温灸とキネシオテープの併用により短期間で改善しました。
ちなみにキネシオテープはスポーツ選手がよく用いる伸縮性の高いテープで、関節や筋肉をサポートしてくれる優れものです。
私も昔、武術でふくらはぎを痛めた際、鍼灸師の先生に貼って頂いて驚くほど速く改善し、さらには癖になり弱くなっていた筋肉が元のような状態に戻る経験をしています。
このテープの貼り方をお伝えし、ビワ温灸を繰り返し当てることで相乗効果が得られ、早期改善へと繋がりました。

◎栖岸院・本應寺
東京都杉並区永福1−7−2
TEL:03−3321−7860

◎栖岸院・本應寺住職へのインタビューなど ◎栖岸院・本應寺に関する体験談 『ビワと健康』  2015年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腫瘍マーカー値が下がった
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入