母の腰痛、膝痛が改善

東京都杉並区 本應寺 随誉品愚 上人

今年の4月で96歳になった私の母は、数年前に患った脳血栓により左手、左足にマヒがあり、現在は老人ホームで生活をしています。

私はいつも施設を訪ねて話をしたり、関節を緩めたり、一緒に食事をしたり、一緒にお念仏を唱えたりして過ごしていますが、事情があって行けない時はお寺のスタッフが代わりに行ってくれています。

毎日来訪者のある人は母以外いないそうで、「本当に幸せね」と周りから羨ましがられているそうですが、そんな母が昨年、肩を骨折してしまいました。

この年齢になると骨は容易に付きません。そこで東洋の知恵の三大秘薬、骨の接着剤との言われている紅花仁(こうかじん)を飲ませたところ骨は短期間でくっつきました。

骨がつき、丈夫になったと安心していたところ今度は激烈な腰痛に見舞われました。
少し動けばズキーンと痛み、じっとしていても疼くものだから眠れなくなってしまったのです。

検査の結果、腰の圧迫骨折という診断が下りました。但し、睡眠導入剤など複数の薬をすでに服用しているため、骨折の痛みを和らげるための薬は処方されませんでした。
通常、西洋医学では鎮痛剤が処方されるところでしょうが、鎮痛剤は体を冷やすので余計に症状を悪化させかねません。
そこで、ビワ温灸を試すのにちょうど良い機会だと考え、温灸器を持参して痛む患部とその周辺を中心に毎日当てました。

母は起き上がれないので体を斜めにし、45分ほどかけて丁寧に当てていくと、日を重ねるごとに痛みは軽減し、1週間〜10日ほどで完全に痛みが無くなったのです。
圧迫骨折自体が治るのは難しいと思えますが、あるいは血流の促進が骨の再生を促したか、理由は定かではありません。ともあれビワ温灸が作用して痛みは消えました。

腰痛が収まって安堵していると、しばらく経って今度は膝痛を訴えました。原因は不明。腰のときと同様に激痛が走り、眠ることもできないというのです。
しかし、この痛みは僅か1回のビワ温灸で見事に改善しました。
かつては半信半疑だった母も「本当に効くのね」と驚き、ビワ温灸の威力を実感していました。

ビワ温灸は丁寧に当てていけば確実に痛みを取ってくれます。仮に効果が如実に現れる場合とそうでない場合があったとしても、体に負担のない自然の療法ですから安心です。
本来なら老人ホームなどの施設でもビワ温灸は最適な療法だと考えます。

◎栖岸院・本應寺
東京都杉並区永福1−7−2
TEL:03−3321−7860

◎栖岸院・本應寺住職へのインタビューなど ◎栖岸院・本應寺に関する体験談
『ビワと健康』  2011年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 母の腰痛、膝痛が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入