婦人科系疾患には尾てい骨

東京都杉並区 本應寺 愚乗 様

腹痛を伴う生理不順で困っていた女性(50)がビワ温灸と整体を併用した施術で改善されたので紹介させて頂きます。

この方は、以前から生理不順があったそうです。ただ、閉経間近ということで更年期障害のような徴候もありました。
出血がひどく、医師に見てもらったところ止血剤が処方されたといいます。
ところが、その止血剤で生理が止まった影響により体調を崩し、さらに検査によっても具合が悪くなっていたのです。
うちでは、皆さんが気軽に通って頂けるようお得な10回コースの施術を設けています。彼女はそれを申し込まれ、可能な限り日を詰めて通われました。
彼女には成人した重度の身体障害の息子さんがおられます。
息子さんは小柄とはいえ、膝の上に紙で作った文字盤を指差して読み取る形で会話を行なうので、彼女にかかる身体的な負担は小さくありません。
また、入浴時にも浴槽に入れたり体を洗ってあげる際、片寄った姿勢を余儀なくされるので、体に凝りや歪みが生じ、骨盤がずれて左右の脚の長さも違っていました。

施術は、婦人科系疾患で基本となる腹部と腰部を中心にビワ温灸を行ない、筋肉を緩めたうえで整体を施す方法をとりましたが、すごく辛そうだったので、どうすれば良いのか思案しました。
ビワ温灸を施しつつ、骨盤のずれを意識して尾てい骨に当ててみたところ顕著な反応がありました。
ビワ温灸の熱が強く伝わるらしく、「子宮を直撃する」と言われるのです。
尾てい骨ではピンポイントで効果が得られるようで、止血剤で止まっていた生理も、施術を始めて2、3回目で大量の出血があり、とてもスッキリされた様子でした。
彼女は、ビワにも整体にも反応が良く、効果を感じておられました。
それというのも障害のある息子さんは文才があり、十数年前には詩集を出版し講演や執筆活動を続けておられますが、かつて多忙な時期に母親である彼女に指圧をしてあげて喜ばれたことがあったのです。

10回の施術でほぼ改善

また、息子さんは当寺院の会報『せいがん』に毎月執筆されています。同会報にはビワ温灸が紹介されていて、彼女は前々から受けてみたいと考えておられたそうです。
整体やビワ温灸を受け入れる素地が整っている方はスムーズです。車で30分の道のりを毎日のように通われ、10回の施術で生理不順や体調不良はほぼ改善しました。
止血剤はもう飲まれていません。懲りたのもそうですし、必要がなくなったということです。
その後、昨年末に疲れが溜まって再度10回コースを申し込まれましたが、以前の状態とは違うので間隔を開けて来られています。
彼女の改善を通じて『婦人科系には、尾てい骨にビワ温灸』を実感し、女性には多用するようになりました。

国際線のキャビンアテンダントの女性(35)も同様でした。
彼女は外国の方と結婚して海外に住んでおられ、5歳のお子さんがいます。
お子さんが生まれる前は、夜勤明けで帰宅すると、そのまま眠ることが出来たそうです。
ところが、お子さんが生まれてからは、夜勤明けであってもお子さんの世話をしなければなりません。朝帰宅して、お子さんが夜床に就くまで一緒に起きていると、どうやって眠れば良いのか分からなくなってしまうとのことでした。
夜勤明けでは体はくたくた、おまけに時差もあります。完全に生活のリズムを崩し、かれこれ4、5年、生理が止まっていたのです。
『婦人科系には、尾てい骨にビワ温灸』
そう考えてビワ温灸を施したところ、2、3日で生理があったのです。
この方は、低体温で冷え症でもあるのでビワ温灸で暖めること自体とても良いように感じられました。
頻繁には来れない方なので、まだ改善には至っていませんが、尾てい骨が改善のポイントであると言える一例だと思います。

ガンにビワ茶とお念仏

ガンの方も複数来られていますが、ご本人ではなく奥さん(65)が来られていて、ご主人に良い兆候が現れている例があります。

施術を受けておられる奥さんには症状があるわけではありませんが、ビワ温灸が気に入っておられます。
ご主人は十数年前に舌ガンを発症され、初期だったので手術で切除し、治ったそうです。
ところが、食道ガンという形で再発し、内視鏡手術で取り除くものの毎年検査のたびにポリープが出来ていて、手術をくり返しておられたのでした。
奥さんがうちに通い始めたのは昨年の夏です。ビワ温灸とともにビワの葉茶の存在を知り、以来、ご自宅のお茶をビワ茶だけにされたのでした。

また、当寺院で収録したお念仏のCDを購入され、ご主人も一緒に聴くようになられたのです。
ご主人の舌ガン発症から十数年、奥さんは食事にとても気をつけてこられました。
ご主人も奥さんに従って殆ど野菜中心の食事をされ、しかも小食だったにも拘らず、残念なことに毎年毎年、検査でポリープが見つかっていたのでした。
そこに、ようやく光明が射したのです。
ビワ茶を飲み、お念仏のCDを聴き始めて5ヶ月、昨年12月の検査で初めてポリープが出来ていなかったのです。
奥さんによると再発がなかった理由は、この二つ以外に考えられないとのことです。
おそらく、これまで食事に留意して来られた積み重ねがあって、そこにビワ茶やお念仏の効用が加わってよい方向に向かったのではないかと思われます。

◎栖岸院・本應寺
東京都杉並区永福1−7−2
TEL:03−3321−7860

◎栖岸院・本應寺住職へのインタビューなど ◎栖岸院・本應寺に関する体験談
『ビワと健康』  2015年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 婦人科系疾患には尾てい骨
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入