久保鍼灸院

埼玉県児玉郡上里町七本木1797−27 TEL:0495−33−5001


鍼灸をはじめとする施療の技術はもちろんのこと食事指導やライフスタイルの改善等、アドバイスの面でも高い評価を得ている久保鍼灸院・久保和彦院長は、漢方薬にも精通した頼れる治療家である。

諸刃の剣である薬に対する豊富な知識は、リスクの少ない治療を望むうえで心強い。

その久保院長が、「鍼灸を減らしてビワ温灸を積極的に併用している」という。
話を聞いた。

  • 治療家を志したきっかけは?
    昔から東洋医学や薬に興味があり、22年前に専門学校で漢方を学びました。薬局に勤務しましたが、薬だけでは様々な病状に対応しきれないもどかしさを感じ、15年前に鍼灸の資格を取得しました。
    薬と違い鍼灸やカイロには副作用の心配がなく、また、治癒に向けて直接的にかかわれる喜びがあります。開設して7年になります。

  • どんな施術が受けられますか?
    カイロプラクティック、鍼灸、パルス療法、レーザー治療、ビワ温灸が主な内容です。首、背骨、腰、骨盤といった身体の歪みをカイロによって矯正し、鍼灸またはビワ温灸を施すというのが通常の流れです。
    ビワ温灸を導入する前は、主として間接灸を用いていましたが、導入後は症状に適した使い分けができるようになり重宝しています。
    また、金粒や鍼を用いた耳ツボダイエットも若い女性を中心に人気があります。
    往診も行っていますが、この場合も手軽に持参できるビワ温灸器が大いに役立っています。

  • ビワ療法導入の経緯は?
    以前勤務していた治療院で、おへその上に筒を置いてもぐさを燃やす独特なお灸を行っており、温灸に興味を持ちました。ビワ温灸は書籍で知り、4年前に導入しました。筋肉の痛みには普通のお灸が良く、冷えている身体にはビワ温灸が威力を発揮するように感じます。年配の方には、たいていビワ温灸を行いますね。

  • ビワ温灸による改善例は?
    アトピー性皮膚炎の23歳の女性は、ビワエキスを塗り、その上からビワ温灸を行って改善がみられました。かさぶた状のひどい部位は避け、あとは多少沁みてもビワエキスを塗布しました。週2回の施術を2ヶ月、さらに週1回の施術を2ヶ月続けたところで痒みが取れ、開始から6ヶ月できれいな肌になりました。
    また、座骨神経痛の40代の女性は、3回のビワ温灸で痛みが軽減しました。
    花粉症にはビワの種の粉末が良く、改善例が沢山あります。ほかにもリウマチ、肩こり、腰痛、膝痛などで多くの改善が得られています。

  • 信条をひとこと。
    施術ごとに「良くなった」と感じてもらえるように、多少時間を超過してでも結果が出せるよう努めています。
    とにかく、早期改善のために最善を尽くす。それが、私の信条です。

◎「久保鍼灸院」に関する体験談 『ビワと健康』  2002年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > 久保鍼灸院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入