転移ガンの症状が緩和

埼玉県児玉郡 久保鍼灸院 久保和彦院長

平成5年に乳ガンの手術をし、10年経って鎖骨リンパ節に転移が見つかった女性(57)が昨年11月から当院に通うようになり、順調な経過が見られるので報告させて頂きます。

この方は、定期的に通院して検査を続けてきたわけですが、昨年10月に転移がみつかり、それ以降は月1回、1泊して抗ガン剤治療を行なっています。

当院には、インターネットを見てこられました。

状況としては少し痛みがある程度でしたが、ビワ温灸を行なうたびに「暖かくて気持ちが良い。温圧を受けたあとは体が軽くなる」と言われるので、冷えや疲労感、抗ガン剤の負担などが知らず知らず蓄積していたのだと思われます。

抗ガン剤治療を行ないつつ、合間をみては月1〜2回の割合で当院に通ってビワ温灸を受けておられますが、昨年12月からはビワの種(錠剤タイプ)を飲むようになられ、さらに今年4月からは自宅でもビワ温灸を始められました。

ビワ温灸を始めてからは痛みが和らいできて、今では痛みの症状はなく、抗ガン剤の副作用もなければ、腫瘍自体も小さくなっていることが検査でわかりました。
最近は、ご本人が自宅でビワ温灸を行なうため当院に来られるのは月1回程度ですが、来られたときはしっかり1時間かけて施療しています。
部位は、全身に加え患部の鎖骨周りと背中上部(第1〜3、4胸椎まで)を重点的に施療しています。

抗ガン剤治療の補完としてビワ療法を始めて約半年、何がどう作用して効果を上げているか断定出来ないまでも、西洋医学と伝統療法の両者がうまく噛み合い経過が順調なだけに、とても喜んでおられます。

◎久保鍼灸院(ご紹介はこちらです)
埼玉県児玉郡上里町七本木1797−27
TEL:0495−33−5001

◎「久保鍼灸院」に関する体験談 『ビワと健康』  2005年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 転移ガンの症状が緩和