坐骨神経痛の症状が軽減

埼玉県児玉郡 久保鍼灸院 久保和彦 院長

坐骨神経痛と診断された男性(78)は、レントゲン検査で脊柱管狭窄症の疑いもあるとされていました。
臀部に重い鈍痛があり、そこから腿の裏にかけて電気が走るような痺れがあって、さらに両方のふくらはぎがパンパンに張っていました。
ただ、腰自体にそれほど痛みがなかったせいか狭窄症については明確に断定されていない状態でした。

昨年11月頃から症状が出始め、今年1月初旬より右の臀部から右脚全体に痛みが拡がり、3月半ばに当院に来られた時は足を引きずるような歩き方になっておられました。
病院の治療は30日間注射をするというもので毎日通院され、3月20日には終了する予定でしたが一向に改善は見られなかったといわれます。
注射による治療のあと、別の治療が行われることになっており、その治療に入る前に少しでも動くと痛みが出るため階段を上がるのも手摺を頼りに一歩一歩右足を持ち上げる格好でした。

趣味でテニスをされていた方なので運動能力はかなり高いはずですが、ふくらはぎがパンパンに硬直して踵が上げられないため、つま先立ちや屈伸は出来ず、歩く姿もペタペタとベタ足、摺り足になっていました。
鍼とビワ温灸を併用し、痺れや痛みの部位を重点的に施術していきましたが、初回および2回目は殆ど熱が浸透せず、変化が見られませんでした。
1日おきの施術で3回目にして熱が吸収され始め、4回、5回目には急速に改善が進みました。

痺れと張りが取れてきて、ふくらはぎが柔らかくなってつま先立ちが出来るようになり、足を引きずることもなく、ほぼ普通に歩けるまで回復されたのです。
劇的な改善に「良くなった、良くなった」と喜ばれ、もう一押しという手応えも感じていました。
しかし、残念なことに病院で次の治療に入るということで、そのまま来られなくなられました。
鍼治療などを好まない医師らしいので改善の推移をチェックするうえで並行して別の治療が行われることに難色が示された可能性が高いのですが、順調に改善が進んでいたので恐らく楽になっておられるだろうと希望的に推測しています。

◎久保鍼灸院(ご紹介はこちらです)
埼玉県児玉郡上里町七本木1797−27
TEL:0495−33−5001

◎「久保鍼灸院」に関する体験談
『ビワと健康』  2016年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 坐骨神経痛の症状が軽減
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入