不妊治療をビワで後押し

埼玉県児玉郡 久保鍼灸院 久保和彦 院長

不妊治療を行っていた女性(36)が、「ちょっとお聞きしたいことがあるのですが・・・」と突然訪ねてみえたのは5月半ばのことでした。

おそらく、インターネットで不妊症には鍼やビワ温灸が効果的だという内容を調べて来られたのだと思います。
治療状況を伺うと、一昨年はタイミング療法に取り組んだけれどうまくいかず、昨年は5月から人工授精を4回行ったけれど駄目で、今年に入ってからは2月と5月に体外受精を行ったけれど、それも妊娠には至らなかったとのことでした。
妊娠しにくい心当たりはなく、検査で何か異常が見つかったわけでもないのに色々な治療にトライした甲斐もなく、3年が経過していたのです。

ビワ温灸については詳しくご存じなかったので、以前、貴紙に掲載された不妊症が改善した記事を手渡し、施術を始めることとなりました。
基本的には全身に鍼治療とビワ温灸を施しましたが、やはり腹部と腰部は入念にビワ温灸を行いました。
また、結構冷えが感じられたので、足裏から脚部の前後にも下から順に温めていきました。

経穴でいうと足裏は「湧泉」「失眠」、脚部は「委中」「承筋」「承山」「三陰交」等を取穴しました。
初めのうちは熱の浸透が悪く、回を重ねていくうちに徐々に反応が良くなっていきました。
排卵日の前は週2回行うなどタイミングを見計らいながら施術を進めていき、平均すると週1回のペースでした。
こうして5月半ばから7月いっぱいまで2ヵ月半ほど施術し、7月末に体外受精を行ったところ、8月初めに待望の妊娠が判明しました。
実は卵子の取り置きが最後だったらしく、「これが駄目だったらどうしよう。病院を変わるか、少し間をあけようかな」と口にされていたのです。
念願叶っての妊娠だったので「おめでとうございます」とお祝いの言葉を贈りましたが、3年間努力しても駄目だったのに、ビワ温灸と出会って呆気なく妊娠したせいか「体に変調があるわけじゃないので実感もないんです」と話しておられました。
精神的にも経済的にも決して負担は小さくなかったと推測します。
当院では以前にも不妊症の改善例を報告させて頂きましたが、大体年に1回くらいはあります。
特に女性はお灸となると抵抗を感じる人も多いので、じんわりと温かく、気持ちが良くて、しかも良い結果に結びついているビワ温灸は、本当に優れた療法だと思います。

◎久保鍼灸院(ご紹介はこちらです)
埼玉県児玉郡上里町七本木1797−27
TEL:0495−33−5001

◎「久保鍼灸院」に関する体験談
『ビワと健康』  2016年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 不妊治療をビワで後押し
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入