万病を癒すビワ温灸の力

山口県周南市上遠石 ビワキューヘルスすえだ 末田ちどり 代表

ビワ温灸の施術によって改善が得られた最近の症例をいくつか紹介します。

ご主人の看病疲れから立つことすら困難な状態だった女性(90歳)は、首や肩のコリも激しかったため、毎日温灸を行いました。
この方は、東城百合子先生の本を読み、すでにビワの葉療法を体験したことがありました。
温灸を続けるうちに次第に顔色が良くなり、食欲も出てきて10日間で軽い散歩ができるところまで回復しました。
右肩に痛みがあり洗濯物も干せないでいた女性(49歳)は、週1回のペースで続けました。

6ヶ月ほどで痛みがとれ、腕も上がるようになりました。それ以降は、予防を目的に3週間に1回通っていましたが、新たにホルモン異常から出血が止まらない事態に陥りました。
病院では肩や腰も悪いと言われたそうですが、再び温灸のペースを週1回に戻して続けたところ、6回目の施術で回復しました。

自律神経の乱れや、抗ガン剤の副作用にも効果

一日中、パソコンに向かって仕事をしている男性(53歳)は、ストレスからくる自律神経の乱れで体調を崩していました。
首、肩、腰、脚全体がとても冷え、非常に疲れやすいとのことで、週1回のペースで温灸を行いましたが、温熱の効果によってごく短期間で改善しました。

胃ガンで現在入院中の男性(62歳)は、温灸を行うと共にビワの種を食べています。
周りの人たちが抗ガン剤の副作用で吐き気や脱毛等で苦しむなか不思議なくらい体調が良く、ビワ療法を始めてから体重も2キロ増えたと喜んでいます。
「退院後は自分もビワ温灸の施術をマスターして人のためにやってあげたい」と治療に取り組む姿勢もとても前向きです。
いずれのケースも基本のツボを押さえ、さらに症状に適した施術を定期的に続けることで着実に改善に結びついています。
なお、最近はビワ療法を知っていて訪ねてくる方も増え嬉しく感じます。

◎ビワキューヘルスすえだ
山口県周南市上遠石3−12
電話:0834−31−0821

◎「ビワキューヘルスすえだ」に関する体験談 『ビワと健康』  2000年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 万病を癒すビワ温灸の力
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入