足腰の痛みに威力を発揮

山口県周南市 ビワキューへルスすえだ 末田ちどり 代表

足や腰の改善例が多いのでいくつか紹介させて頂きます。

一昨年の8月、娘さんから「ビワ茶がいい」と聞いたことがきっかけでビワ温灸を始めた80歳のお婆ちゃんは、ヒザから下が痛いうえ全身がだるく、私が初めて訪問したときは「死ぬほどえらい(辛い)」と言っておられました。
肥満気味でこれまで何回も転んでおり、とくに右足の裏側がふくらはぎから太股にかけてパンパンに硬く張っており、むくみがあり、膝も腫れている状態で、寝ていても痛むため歩くときは杖を使わざるを得ず、本当に困り果てている様子でした。

ヒザの痛みの原因は若い時分からの使いすぎのようでした。
週1回、出張でビワ温灸を行ないました。本人はビワ茶を飲み始めました。
こうして定期的なビワ温灸を始めて3ヶ月が過ぎたころ、死ぬほど辛いと言っていた体のだるさが取れて「すごく楽になった」と喜ばれました。
いつの間にかヒザの腫れもひき、足の張りや痛みも取れて普通に歩けるようになりましたが、今も予防を目的に週1回ビワ温灸を続けておられ、私の訪問を楽しみにされています。

今年4月、83歳の男性は足首と甲に激痛が走り、てっきり骨折していると思ったそうですが、訪ねてみると筋の張りからくる痛みでした。
この方の場合、奥さんがビワ温灸器を持っておられ、ビワの良さはよく分かっておられました。
ビワ温灸器は週2回を何週間か続けましたが、その間、奥さんが足にビワエキスを塗ってマッサージを行ないました。
お風呂上がりで毛穴が開いているときに足の甲から足首にかけてたっぷりとエキスを塗ってマッサージをし、定期的にビワ温灸を私が行なう形をしばらく続けると張りとともに痛みは取れました。
奥さんは現在もご主人の足にエキスを塗りマッサージを続けておられます。

痛み取れ肝数値も改善

60代の男性は、肝硬変を患っておられ、その病状とは別に足がジンジン痛くて夜も眠られなくなりました。
温泉に行ったり鍼を打ったり色々やっても一向に治らずノイローゼ気味になっていて、私が初めて訪ねたときは「足を切断するようになる。自分はもう長くない、あの世に行く」と悲観的なことを言っておられました。

筋がパンパンに張り、足全体が冷えていました。ゴルフの好きな方でしたので、「大丈夫ですよ。元気になってゴルフするのをイメージして下さいね」と励ましつつ、ビワ温灸で股関節のリンパ節を温めて筋を柔らかくし、そのうえで足圧を加えました。
初めは3日間連続、その後は週2回通いましたが、半年ほどで完全に痛みが取れました。
また、腰の痛みも抱えておられ寝返りが出来ないほど痛がっておられましたが、これは僅か3回のビワ温灸で痛みが取れました。

この男性は、お姉さんがビワ温灸器を持っておられ、一つを借りて自分でケアされるようになりました。
すっかり良くなってからゴルフの打ち放しでヒザを痛めてしまいました。
この時は、ペーパータオルにビワエキスを含ませてラップで包むビワ湿布で痛み、腫れ、発赤、熱感のいずれもが取れました。
体を冷やさぬよう「ビールはやめてくださいね」とアドバイスもしましたが、ビワ温灸を始めてから肝臓の数値も良くなってきて、今では「病院に行くのが楽しみ」と言われます。
ビワ温灸を通じて、免疫力が上がり、精神的な気力も充実してこられたのを感じます。

一般的に人は運動によって筋肉が硬くなることは分かっていても、精神的な緊張やストレスで硬くなることをあまり知りません。
足の筋肉であっても多分にそうした要素が起因しているものです。

自律神経なら首周り

これが自律神経からくる症状となるとさらに如実に影響を受けています。
ちょうど季節の変わり目に入り、病院巡りをしてもどうにも原因が判明せず、助けを求めて来られる人が多いのですが、そういう人たちは決まって首の筋肉の横が硬くなっています。
耳の下のリンパ節がピーンと張って、首のこりや肩こりを起こしています。血液と酸素が脳に届かず不眠や食欲不振を招くこともしばしばです。
こんな症状にもビワ温灸が非常に良く、首の周りにしっかり温圧を行なうと早期の改善が得られます。参考にしてみてください。

◎ビワキューへルスすえだ
山口県周南市上遠石3−12
TEL:0834−31−0821

◎「ビワキューヘルスすえだ」に関する体験談 『ビワと健康』  2004年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 足腰の痛みに威力を発揮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入