リウマチが短期改善

山口県周南市 ビワキューへルスすえだ 末田ちどり 代表

まず、10年来のリウマチが改善した女性(58)の症例を紹介します。

この方は、うちに来る前にパセラといわれる温熱療法でリウマチ反応の数値が2,6から1,8、さらに1,2と下がり良い傾向にありましたが、それ以上はなかなか数値が下がらずにいました。
首、肩ともパンパンに張っていたので初めのうちは毎日、その後2、3日に一度通って頂きました。

感受性が強く、気が付きすぎて神経を病むタイプで首下のリンパもピーンと張っていました。
リウマチはストレスが悪影響を及ぼす病気です。肉体とともに精神的な施療が重要なので心身両面から攻めました。
自分自身を大切にすること。頑張りすぎないこと。明るく過ごすことなど、来られるたびにお話し、精神面でのフォローアップを並行して行ないました。

施療を始めて3ヶ月でリウマチ反応の数値は0,4まで下がり、「先生、私こんなに下がったことはないんですよ。奇跡です」と大変喜ばれました。
毎月1回、病院の整形で検査をうけておられますが、それまでは1,2で「割と良い数値です。この調子ですね」と言われていたそうです。主治医は薬の効果だと思っているでしょうが、本人はビワの力だと確信しているとのことでした。

うちでは大抵、ビワ温灸で施療したあと自律訓練法を行なっています。
これは、かつて私自身が心理カウンセラーから受けた内容を応用して作った一種の暗示法で、非常に効果を上げています。
僅か40秒、呼吸に集中し肩の力を抜いてもらいますが、全身がフニャ〜っとなって初めは立っていることすら出来なくなる人もいます。この方も「先生、キツネかタヌキが取れたようです」と言われました。

それから、自身のケアもアドバイスしています。
自分を大切にして無理をしない。明るく過ごす・・・等々精神的なことから、体を冷やさない。深い呼吸を心がける。毒消しのビワ茶(利尿作用)やビワの種(血液浄化作用)を飲む。患部にビワエキス(鎮痛作用)を塗る・・・など、その方に必要な内容です。
僅か3ヶ月での大幅な数値の変化は、私にとっても嬉しいものでした。

座骨神経痛にも効果

座骨神経痛の女性(39)は、整形外科での注射や坐薬で痛みが取れず、「24時間何をしていても痛い」と悲痛な様相でした。
症状は左脚。本来だと病院の痛み止めの治療は効くはずですが、強いストレスから過緊張を起こしており、それが原因で痛みが取れなくなっていたのです。

初回の施療時、物凄く痛がりましたが施療後は嘘のように痛みが取れ、とても喜ばれました。
しかし、「これはビワエキスの鎮痛作用が痛みを抑えてるだけよ」と釘を刺しておきました。
案の定、2日後にはまた痛みが出ました。
週2回のペースで施療して、きちんと痛みが取れたのは4回目の施療後で、それでもまだ筋が硬い状態が続いていました。

私は、痛みが無くなってからが本当の施療だと思っています。
痛みがストレスになって不安を招き、それが首や肩をパンパンにさせることは実に多くあります。
結局この方は、その後週1回のペースで通われトータル12回の施療で本物の改善に至りました。
もちろんこの期間、自律訓練法を毎回施し、ある程度自身でケアできるようになったことも改善の要因になっています。

◎ビワキューへルスすえだ
山口県周南市上遠石3−12
TEL:0834−31−0821

◎「ビワキューヘルスすえだ」に関する体験談 『ビワと健康』  2006年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > リウマチが短期改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入