むくみにはビワ温灸が有効

福島県いわき市 オリジンズ 橘憲治 院長

NHKの健康番組「チョイス@病気になったとき」や「あさイチ」でたびたび取り上げられている甲状腺症は、今や推定患者数5000万人ともいわれる国民病です。

中でも甲状腺機能低下症が中高年の女性に増えているそうです。長引く肩こり、頭痛、腰痛、関節痛などの他に無気力、倦怠感などの不快な症状が続き、整形外科や心療内科を受診しても原因不明、うつ病と間違われたりして最終的に甲状腺ではないかと専門医を紹介されて発見される病気ということで、患者の立場に立って考えると病名が判るまでの間、病院をたらい回しにされ曖昧な治療を受け、何とも気の毒な話です。

甲状腺ホルモンは体の代謝レベルを上げたり下げたりするホルモンで、亢進症だと代謝が活発になりすぎて疲れやすく痩せて目がとび出しバセドウ病に、低下症だと代謝が低すぎて倦怠感、無気力、筋力低下、肥満、低体温になり、またむくみ易くなることで肩こり、腰痛、頭痛、関節痛などの整形外科的疾患の原因ともなります。

さて、当院を訪れる患者さんの大半にむくみがあります。むくみが起こると疲労物質などの老廃物を含んだリンパ液や静脈血が筋肉などの組織からスムーズに排出されず、鬱滞してコリを生じます。いわゆる疲労物質が原因の肩こり、腰痛、首こりには必ずむくみが介在しています。その状態が長引くと筋肉炎や筋膜炎などに発展します。
むくみは組織から排出された老廃物を含む液体なので一定期間滞留すると炎症を引き起こします。歯茎の鬱血からくる歯肉炎や内耳の鬱血から起こる耳鳴り難聴、めまい、目の網膜の鬱血からくる関節炎と、むくみは単なる見た目の問題ではなく多くの炎症の原因になります。痛みが全身に散在している患者さんは、根底に炎症の原因となっている「むくみ」がある場合が多いようです。

更に、骨格筋の変位、いわゆる骨のズレを引き起こし、関節痛の原因になります。膝痛や股関節痛、腰痛の原因の85%は関節のズレと考えられています。
また、神経痛は椎骨の変位(背骨のズレ)とむくみが合体して起こります。椎間関節がズレると関節包の靱帯が緊張して可動域を制限します。関節障害を予防するための生体反応です。無理して動かそうとすると痛みを感じます。
また、関節範囲が靱帯で圧迫されているので血行不良となりむくみが生じます。そのむくみは椎間から出てくる神経根を圧迫して神経痛を引き起こします。肋間神経痛や坐骨神経痛は椎骨のズレとむくみが原因です。

むくみの解消が痛みの軽減につながる

以上の話から整形外科的疾患の殆どにむくみが介在していることが分かります。この事は治療を行う上で重要な観点となります。多くの場合、むくみが減少すれば、それだけで痛みの半分は解消します。またむくみと共に骨格筋のコリが解消すれば関節の変位(ズレ)が直り、関節痛や神経痛も改善されます。
そこで、むくみを効率よく解消するためにはどうしたら良いか考えてみたいと思います。
まず大事なことは、むくみの原因を知り、その原因を改善することですが、原因は色々あるようです。療術の対象外の腎臓病、心臓病、肝臓病を除き、最も多いのが水分不足、次に多いのが運動不足、次に多いのが甲状腺低下症です。原因が重複している場合も多く、重症患者ほどその傾向にあります。

まず、慢性的な水分不足についてですが、命の危険に直結する脱水症にならないように生体反応で抗利尿ホルモンが分泌され余分な水分が備蓄されてむくみが生じます。毎日の水分摂取量を患者さんに直接聞いてチェックします。
成人の1日の水分の必要量は約2.5リットルといわれていますが、3食で1リットル摂れると仮定して残りの1.5リットルは飲み物で摂る必要があります。殆どの人は不足しているので、こまめに(30分から1時間毎に100佞ら200奸棒櫃襪茲Δ縫▲疋丱ぅ垢靴泙后
当院の患者さんはこれを実践することで1〜2週間で全身のむくみが軽減し、筋肉痛が改善しています。大腿部、ふくらはぎ、お腹もすっきりしてきます。

次に運動不足ですが、筋肉ポンプ、特に第二の心臓と言われる「ふくらはぎポンプ」を動かしていない人はむくみが起こり易くなります。心臓は主に動脈を動かすポンプで、樹脈やリンパの回収には筋肉ポンプが使われています。全身の筋肉が収縮する時、静脈血管及びリンパ管を圧迫しますが、この時に静脈弁(リンパの弁も)が心臓に向かって開き、筋肉が弛緩する時には弁膜が閉まり、この繰り返しで静脈やリンパは心臓に還流しています。
中でもふくらはぎポンプは重要な働きをしており、歩かない人はむくみ易くなります。
当院では、むくみのある患者さんに最低週3回程度、20分以上の散歩を勧めています。ただ歩くのではなく、みぞおちを最大限前に突き出して肩を開いて重心バランスを正して、こぶし一つ分歩幅を広くして、少し速足で歩くようにアドバイスしています。むくみを改善するだけでなく、姿勢が改善されることで腰痛、肩こり、膝痛の予防にもなります。1ヵ月ほどで下半身のむくみが改善して併せて肩こりも軽減しています。

甲状腺症からくるむくみ

最後に、甲状腺低下からくるむくみですが、当院のむくみのある患者さんの3割に甲状腺低下が見られます。最近増加している甲状腺症は医学的には原因は不明のようですが、カイロプラクティック理論では、胸椎の三番から頸椎の六番までに変位(ズレ)が起こると甲状腺低下症になると述べています。
当院では胸椎三番の変位が圧倒的に多く、首の根元がポッコリ後方に出ている人が多いです。そうなると肩と顎の間が狭くなり甲状腺が圧迫され、甲状腺が鬱血して腫大してきます。患者さんを仰向けにして甲状腺を左右の拇指で摩擦してみると左右のどちらかが腫大しているのを確認することができます。
また、自覚症状としては、物を飲み込むときの違和感やイガイガした感じ、または軽い空咳を時々するようです。胸椎が変位する原因としてはデスクワークやスマホが話題になりがちですが、当院で色々質問してみると、テレビを見ているときの姿勢に問題があるようです。まず、ソファーに背中をもたれながら首だけちょこんと起こして長時間テレビを見ていると丁度胸椎の三番辺りが後方に変位してきます。また、横になりながらテレビを見る人も、首だけテレビに向けているので同じように胸椎上部が変位してきます。
とりあえず、1ヵ月テレビを椅子に座って正しい姿勢で見てもらいますが、2週間目辺りからむくみが軽減する場合が多いですが、油断すると戻り易く、安定させるには正しい姿勢での散歩が不可欠です。
歩いたり走ったりすることで背骨を正しいカーブに維持する脊柱規律筋が鍛えられるからです。患者さんの何人かが心配になって病院で甲状腺の検査をしましたが、殆どの場合異常なしに。インターネットで調べてみると「かくれ甲状腺低下症」なるものがあるとのこと。甲状腺ホルモンの前駆物質からホルモンが作られる際に、形は同じでも働かない怠けホルモンが出来る場合があり、通常の血液検査では異常なしの数値が出るとのこと。
大学病院等の甲状腺専門医に頼めば「かくれ甲状腺低下症」の検査をしてもらえるらしいです。

以上、むくみについて総合的な観点で述べましたが、むくみに関連する様々な症状はまさに生活習慣病であり、日常の生活習慣の見直し、改善が治療の前提になってきます。その上で、骨格矯正術の整体やカイロプラクティック、ビワ温灸がより有効になってきます。
特にビワ温灸はむくみを解消するには有効です。血行は全身に及ぶものなので局所だけでなく全身の基本ツボを施術することで気血のめぐりが全体的に活発になり、局所のコリなど鬱血が解消していきます。自律神経を整え、毛細血管を拡張して血流がスムーズに流れるようになります。
骨格矯正についてもビワ温灸で十分に改善できます。全身の基本ツボの施術後に、問診で痛みやコリの自覚症状のある部分を丁寧に(周辺を数回に亘り)施術していくと椎骨及び骨盤の矯正ができます。関節自体に自然治癒力の復元力があるので、ズレの原因を取り除いてあげれば自動的に正常位置に戻っていきます。それゆえ、骨格変位のむくみが原因になる神経痛にはビワ温灸は最も適した治療法になると言えます。

◎オリジンズ(ご紹介はこちらです)
福島県いわき市佐糠町東1−8−27
TEL:0246−62−7907

◎「オリジンズ」に関する体験談
『ビワと健康』  2018年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > むくみにはビワ温灸が有効