喘息発作にはビワ温灸

福島県いわき市 健美整体オリジンズ 橘憲治 院長


ビワ温灸は整体を補う主要な療法の一つとして当院ではすっかり定着し、目を見張るような改善例もこれまで度々経験しておりますが、今回は身内の改善例を紹介させて頂きます。

現在、高校2年の息子はかつて喘息で辛い思いをした時期があります。
小学2年からスイミングスクールに通っていましたが、身体の冷えからか次第に喘息の症状が出るようになりました。
初めのうちは1週間くらいで収まっていた喘息の発作も徐々に収まりにくくなり、小学5年のころには一度発作が起きると1ヶ月くらい続くようになっていました。

発作を抑える薬を飲むと気持ちが悪くなり食欲もなくなるため、やがて「飲みたくない!」と拒むようになり、やむを得ず吸入器による気管支拡張剤のみで対処していましたが、根本的に治癒する様子はありませんでした。
スイミングスクールをやめてからは発作の期間が短くなりました。
しかし、治ったわけではなく秋口になると決まって発作が起き、相変わらず吸入器に頼らざるを得ない状況でした。

目からウロコのビワ温灸

息子が中学1年になり、またもや発作が起きていたときでした。
偶然、当院に通っておられた女性が「橘先生のところでビワ温灸を受けてから病院で診てもらうと喘息の症状が軽くなっているんですよ」と嬉しそうに報告して下さったのです。

『喘息には、ビワ温灸がそんなに良いのか・・・』
まさに目からウロコ。お客様から教わる格好でさっそく息子にビワ温灸を行ないました。
中学1年とはいえまだ子供ですから「熱い!」と感じさせてしまうと敬遠する恐れもあります。熱く感じる少し手前で早目早目に施灸ポイントを移しながら腹部、背部、首の根元(前後)を中心にトータルで15分程度、朝晩当てるようにしました。
経穴でいうと、「風門」「肺兪」「大椎」等を重点に施灸しました。

本人も気持ちが良かったのでしょう。全く嫌がる素振りも見せず、3日間続けたところでピタッと発作が収まったのです。
ピタッという形容が本当に相応しく、それ以来喘息の発作は全く起きなくなりました。
中学に入ってから卓球を始めたことで体力がついてきたことも好転に繋がったかもしれませんが、何よりもビワ温灸の影響が大きかったのは確かです。
今年、風邪を長引かせて何年かぶりに喘息気味の症状が出ましたが、これも朝晩ビワ温灸を施したところすぐに収まり、翌日、具合を尋ねると「大丈夫だよ」との返事。それっきり咳は収まってしまいました。
喘息の方には厳しい季節ですが、身体を芯から温め咳を鎮めてくれるビワ温灸をお勧めします。

◎健美整体オリジンズ(ご紹介はこちらです)
福島県いわき市佐糠町東1丁目8−27
TEL:0246−62−7907

◎「オリジンズ」に関する体験談 『ビワと健康』  2004年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 喘息発作にはビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入