卵巣ガン、更年期障害に!

宮崎県宮崎市 ナチュラルグリーン 山崎ゆか 代表

ビワ温熱療法を通じて更年期障害を克服、その経験を機に技術を習得し、アロマセラピーと合わせて「びわ温熱療法 まる」を開設。代表として活躍されている高橋ひとみさん。

高橋さんと出会って5年、彼女が施術者を志すほどにビワ療法に傾倒した理由は、ご本人だけでなく、かつてお母様もビワ温熱療法で助けられた経験の持ち主だったことが挙げられます。

母娘それぞれの改善例をご紹介させて頂きます。

まずはお母様。今から25年前、49歳の時に脚の付け根にあるリンパ節が腫れ、周りから強く勧められて病院を受診。検査の結果、ガンが判明しました。
原発巣は判らなかったそうですが腹部や脚など数ヵ所を手術し、抗ガン剤治療も行ったといいます。

ところが、1年後に再発してしまいました。
転勤と時期が重なり福岡に転居、九州大学病院にかかりました。そこで初めて卵巣ガンと診断され、再度、手術と抗ガン剤治療を受けることになりました。

信じ難いことですが、その時担当した医師は、前の病院で受けた手術について「全く意味がない」と否定されたのでした。
手術で卵巣を切除し、抗ガン剤治療(6回)を終えて体が辛い状態のとき、親戚の方が「ビワが凄くいいみたいだよ」と江平カイロプラクティックオフィスの長友明美先生を紹介して下さったそうです。
再度転勤があり、宮崎に帰って来られてからのことだと思われます。

お母様は、長友先生からビワ温灸やサウナによる施術を受けて良さを実感。すぐにそれぞれの機器を購入し、『二度とこんな思いはしたくない』と熱心に続けられたとのことです。
自助努力の甲斐あって、お母様は畑仕事や趣味のお琴も発表会に出るほど体力が回復し、現在も元気に過ごしておられます。
娘として、当時の高橋さんは『それで母が良くなるのなら・・・』と期待しつつもビワ療法には全く興味がありませんでした。

しかし、時が流れ、彼女自身がお母様と同じ40代後半を迎えた時、酷い更年期障害に悩まされることになったのです。
人と会うことが辛くなったり、高熱が1ヵ月も続いたりと深刻な状態だったようです。

そんな中、宮崎でオーガニックフェスティバルが開かれ、彼女はそこに足を運んだのでした。無農薬の食材で作られた食事が味わえたり、自然療法を体験したりするイベントで、彼女は私のビワ温灸を体験。「そうだ、ビワがあったんだ」と、かつてお母様が助けられたビワ温灸の心地好さを実感されたのです。
劇的に短期改善!ということではなく、緩やかに、しかし確実に改善は進み、更年期障害の症状を克服することが出来ました。

ビワ療法が持つ素晴らしい癒しのパワーに確信を得た彼女は、自らも施術できる人になりたいと勉強を開始。やがて指導員の認定を受けアロマセラピーと合わせた「びわ温熱療法 まる」を開設されました。

◎ビワ温熱療法 まる
宮崎県宮崎市吉村町平塚甲1903−5
TEL:090−7981−3873

頑張っている彼女曰く、「最近は比較的年配の方が多く膝痛や腰痛での改善が多いですよ」とのこと。
お互いビワ療法で助けられ、その奥深い魅力を知る者として、これからも協力し合って普及に努めていきたいと思っています。

◎ナチュラルグリーン
宮崎県宮崎市大王町63−2
TEL:080−5256−9170

◎ナチュラルグリーンに関する体験談
『ビワと健康』  2018年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 卵巣ガン、更年期障害に!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入