突き指にはビワ湿布!

宮崎県宮崎市 ナチュラルグリーン 山崎ゆか 代表

バスケットボールに熱中する中学二年の息子(14)は、頻繁に突き指をして帰ってきます。

放っておくと腫れて大変な状態になるため早目に湿布しますが、市販の湿布剤だといつまでもズキズキ痛んだり、何日も腫れが引かなかったりでじれったい思いをしてきました。

そこで試してみたのがビワ湿布です。
ビワエキスと小麦粉、生姜を練り合わせてパスタを作り、布に塗りつけて痛めた患部に貼る方法です。

パスタは、ビワエキスと小麦粉だけで水は使いません。そこに新陳代謝を高めるため生姜を1割程度加え、耳たぶくらいの硬さに仕上げます。
これをお風呂上りに指に巻いて休ませると市販の湿布以上に痛みが軽くなるらしく「ズキズキ感がなく眠れる」と言い、翌朝には腫れも引いていてテーピングのみで登校できます。
ビワ湿布は、ガンの方の患部等に施しても痛みを軽減してくれますから、やはり痛みを和らげる力が優れていると感じます。

また、こんなケースもありました。
息子が始めるまで全くイメージになかったのですが、このスポーツは見た目以上に激しく、痛めるのは指だけではありません。
試合の際、私は筋肉痛などに効果のあるアロマオイルを持参して試合の合間に選手たちに塗布したり、マッサージしてあげているのですが、先日の試合中、一人の選手が片足を引きずりながら退場してきました。

「どうした?」と尋ねると顔を歪めて「踵が痛〜い」と言うのです。大変なことにならないと良いけれど・・・、そう思いつつ私はバッグからビワ温灸器を取り出し、体育館の隅っこで温め始めました。
以前、試合中に相手とぶつかって痛みを訴えた選手がいて、『こんなときビワ温灸器があったらな・・・』と残念な思いをしたことがあり、この日、『何かあったら役に立つだろう』と持参していたのです。

病院に行くまでの間、少しでも楽になるかもしれない・・・。足首周りと踵を触ると硬く緊張した状態で、足自体に乳酸が溜まっているのが分かり、ともかく痛めた踵と周辺に集中してビワ温灸を当て続けました。
すると、どうでしょう。彼は10分くらいで「もう大丈夫です」と言って立ちあがったのです。
呆気にとられる私を尻目に、まるで何もなかったかのように次の試合から復帰したのでした。

体をぶつけたときの打ち身などは、アロマで触るよりビワ温灸の方が適していると私は思います。
試合会場では、他校の生徒さんでも痛めている姿を見ると当ててあげたいと思う場面がよくあります。
しかし、いきなり申し出てもびっくりされるでしょうから我慢しています。
踵を痛めた彼は、その後も何ともなかったと話していました。これがきっかけで彼のお兄ちゃんが訪ねてきたり、別の女の子でバスケットをやっている生徒さんが腰を痛めて通ってきて下さったりと、ビワ温灸が浸透しつつあります。

◎ナチュラルグリーン
宮崎県宮崎市大王町63−2
TEL:080−5256−9170

◎ナチュラルグリーンに関する体験談
『ビワと健康』  2012年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 突き指にはビワ湿布!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入