口内炎にはビワエキス!

宮崎県宮崎市 ナチュラルグリーン 山崎ゆか 代表

脳下垂体の病気で闘病中の女性(30代)は「できれば自然なもので改善を図りたい」とのご希望で定期的に通われています。

薬は服用せず経過観察の状態ですが、その病気の影響もあってか割と頻繁に口内炎ができるそうで、先日来られたときにも口内炎ができていて「痛くて食事が取れない」とおっしゃられました。

うちではいつもビワ温灸とアロマトリートメントをセットで受けられ、ビワ療法の良さはよくご存知でしたからビワエキスの塗布をお勧めし、少しお分けして持ち帰って頂きました。

ビワエキスを麺棒などに含ませて口内炎の箇所に直接塗る方法は、滲みはするものの治りが早いと定評があります。
1週間後、ケアに訪れた彼女は「3、4日できれいに痛みが取れました」と驚き交じりの笑顔で報告して下さいました。

口内炎が大きいとビワエキスを塗布した瞬間、思わず声を発するほど滲みます。
私としてはそれを少々気に掛けていたのですが、「その滲みる感じがいい」とおっしゃられ、むしろ痛気持ち良さが気に入られたようでした。
それからは再び口内炎ができたとは聞いていませんし、仮にできたとしてもご自分で簡単にケアできるので安心です。

風邪にもビワエキス

風邪にビワ温灸は威力を発揮しますが、同時にビワエキスの蒸気を吸入するとさらに改善を早めてくれます。

風邪には通常首周りと背中の上部を中心にビワ温灸を行いますが、このとき喉が痛いとか咳がなかなか抜けないという場合には、口を開けたままの状態でビワ温灸器を近づけ、深呼吸をして頂くことでアロマセラピーと似た効果が得られます。

アロマセラピーではお湯に精油を落として吸入します。ビワの場合は、温灸器から出てくる蒸気を2〜3分吸入するのです。
ビワ温灸とエキス吸入を交互に繰り返すのですが、ある30代の女性は「喉のイガイガした感じがスーッと取れ、最後にどうしても抜けきれないでいた咳が収まりました」と喜ばれました。

体の冷えと乾燥が合わさり咳が止まらなくなっているケースが多く、温かいビワ温灸器の蒸気吸入は間違いなく効果的です。お勧めします。

ステロイドからの離脱

アトピー性皮膚炎の改善例はいくつかありますが、今回は、以前ご紹介させて頂いた方は、お子さんがご自分と同じようにアトピー性皮膚炎になってしまったことを機に奮起され、それまでの西洋医学一辺倒、ステロイド剤頼みだった治療に終止符を打たれました。

ただし、長年ステロイド剤で症状を抑え込んでいたため薬を止めた途端に噴き出すリバウンドは相当に激しいものでした。けれど、彼女は乗り越えました。
ビワ温灸を中心としたケアと食事療法など生活習慣を改めることで、完治が見えないばかりか徐々に悪化の道を辿っていた負のスパイラルからみごとに離脱を果たされたのです。

今回お伝えする方の場合も子供の頃から症状が出ていました。ただ、年中出ているわけではなく空気が乾燥する冬場から春先にかけて出る程度で、症状が出ればその都度薬を塗って治すものだと思っておられたのです。

従ってうちに来られているお友達がリバウンドで苦しんでいる姿を見て事情が分からず「大丈夫?」と声をかけたり、『病院に行けばよいのに・・・』と不思議に感じておられたそうです。
ところが、お友達が徐々に改善していく姿を目の当たりにし、その経緯を聞かれるうちに『もしかしたら薬に頼るのは体には良くないのではないか。こちらの方がきちんと治せるのではないか』と思われ始めたのでした。

昨春、特に足を中心に痒みが出て、病院に行くのではなくうちに来られたのでした。食事のことやビワ温灸で肝臓や腎臓の周辺をしっかり温めてケアする大切さをお話させて頂きました。
彼女は週1、2回通われ、改善と停滞を繰り返しながらもゆっくりと、けれども確実にきれいな肌になっていかれました。

夏場の一時期、汗をかいて少し痒くなることはありましたが、それもほどなく落ち着かれました。
「根本的なことに気づいて本当に良かった。今まで薬に頼り、ただ抑えていたことが症状の繰り返しを招いていたのかもしれません。知らないことは非常に怖いことです」と話され、根本治癒の大切さを理解されました。

◎ナチュラルグリーン
宮崎県宮崎市大王町59 クリオ90 402号
TEL:080−5256−9170

◎ナチュラルグリーンに関する体験談
『ビワと健康』  2011年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 口内炎にはビワエキス!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入