胸部転移ガンの水が抜けた

宮崎県宮崎市 ナチュラルグリーン 山崎ゆか 代表

ご自分では明言されませんでしたが4年前に腎臓ガンを手術され、抗ガン剤治療を行なったものの転移が見つかり、今年からビワ温灸を始めた男性(50代)がおられます。

転移が見つかったのは肺と肺の真ん中です。すでに胸水が溜まっているらしくキューッと胸を圧迫する痛みと呼吸自体ままならない息苦しさがあり、肩で息をしている状態でした。

また、骨にも転移がみられ右太股の中央部に痛みが出ていました。
医師は奥様に「今回はもう治療の方法がない」とのニュアンスを告げたそうです。しかし、奥様はその言葉をご主人には伝えておられませんでした。

なぜならご主人の意識は西洋医学一辺倒で、ひたすら最先端の治療法を求めてこの4年間を過ごしてこられたからです。
しかしながら食欲は落ちて痩せる一方で、息が苦しくて咳き込むために夜も眠れず、肌は黒ずみ、やつれ切った姿となってしまったのでした。
そんな状況下で、奥様が『ほかに何か治療法があるのでは・・・』と調べる中、うちのホームページに出会われたのでした。

昨年末、まず奥様が一人で訪ねてみえました。
遠赤外線のビワ温灸を体験され、非常に気に入られて即座に購入されました。
年末年始は、ご自宅で奥様が基本のツボを中心に当ててあげたのです。
それまでは代替療法には全く関心のなかったご主人も「気持がいい」と喜ばれたそうです。
年が明け、奥様が行なうビワ温灸しか体験したことのないご主人は、ご自分で当て方を確認すべく一緒に訪ねてみえました。
寒い時期でもあり、体が冷えて手足もとても冷たい状態でしたが、ビワ温灸を当てていくうちに変化が現れてきました。
腰から当て始め、背骨の両側を少しずつ上がっていき、それを何度か繰り返しました。
すると突然、「アッ」と驚いたような声をあげられ、「今、ドボドボドボと水が抜けました」とおっしゃったのです。

肺は常に水で圧迫されているそうですが、見た目には腫れやむくみは感じられません。
しかし、「あ〜、楽になった。大量の水が抜けた」と喜んでおられるのです。
私も奥様も「えっ、そうなの?」といった感覚でしたが、施療が終わった後のご主人の表情は晴れやかで、「これ、ほんとにいいね〜」と笑顔でした。
ご自宅では奥様が熱心に当てておられます。ただ、気持ちは良いものの水が抜ける感じが得られないそうで、息苦しくなってくると訪ねてみえ、施療が終わると「また水が抜けた」とおっしゃることが不思議と続きました。
施療の一番のポイントは肩甲骨の真ん中です。1回目ではあまり変化がなく、2回、3回と繰り返すと水が抜ける感覚に至ります。
そして、施療を終えて帰られた日は、夜もぐっすりと眠れるとのことです。

一方、太股の骨の痛みはなかなか取れませんでした。それでも痛みの部位にビワ温灸を行なうと気持が良く、癒されるそうです。
奥様としてもビワ温灸と出会う前は辛そうなご主人に対して何もしてあげられずただ見守るだけだったのが、具体的に手当てがしてあげられ、喜ばれるので良かったと言われています。
また、社会人になって日の浅いお嬢様もビワ温灸がお気に入りだそうです。
緊張感の連続でひどい肩こりに悩まされていましたが、ビワ温灸を行なうととても楽になるのです。
奥様と二人三脚のこの男性、血液に働きかける治療法が見つかったとのことで、6月から大阪の病院にかかっておられます。
深刻な状態だけに予断を許しませんが、ゆっくりでも着実に改善されることを願っています。

◎ナチュラルグリーン
宮崎県宮崎市大王町63−2
TEL:080−5256−9170

◎ナチュラルグリーンに関する体験談
『ビワと健康』  2013年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 胸部転移ガンの水が抜けた
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入