乳ガンの術後ケアに活用

宮崎県宮崎市 ナチュラルグリーン 山崎ゆか 代表

私自身は2年前に乳ガンになり、手術はしたものの三大化学療法は受けずに食事療法やサプリメントを取り入れました。

ほどなくビワ温熱療法と出会い、日常のケアとして使うようになりました。
術後の乳房のひきつれ改善やリンパ部位の晴れやだるさがなくなりました。

また、リンパの流れの悪さから左耳の聞こえが悪くなりましたが、これも2週間ほどで改善しました。

夫の突然の腰痛に

ある日、夜中の4時ころでした。
夫が「腰が痛くて眠れない」と起き出して、しばらく腰を叩いたり鎮痛剤を飲んだりしていましたが、痛みは一向に収まらず苦しんでいました。
「10年前にやった尿路結石と同じ痛みだ」と言うので、ビワ温灸器を取り出しました。

温灸器が温まる時間、結石に良いとされるアロマのゼラニウムで腰部を中心にマッサージし、そのうえでビワ温灸を施しました。

まず背部に30分当てました。そして腹部に当て始めると、何と夫はすぐにいびきをかいて寝てしまいました。
翌朝尋ねると「嘘みたいに痛くない」と一言。以前のときは石が出るまで4日間苦しんだだけに、とても喜んでくれました。

母のくるぶしの水も

70代半ばの母は3年ほど前から左のくるぶしに水が溜まるようになりました。痛くて正座ができない状態ながら病院では「水を抜いてもすぐに溜まるから」とこれといった治療は施してもらえませんでした。

手で触ってみると確かにブヨブヨと水が溜まっているのが分かりました。
そこでビワ温灸を脚部とくるぶしを中心に当ててあげたところ、「本当に気持ちがいいね〜」と喜んでくれました。
一通り当て終わり、しばらくするとくるぶしの水はスッキリと抜けていました。家族もビックリ。喜びの声が上がりました。

◎ナチュラルグリーン
宮崎県宮崎市大王町59−402
TEL:0985−26−1220

◎ナチュラルグリーンに関する体験談
『ビワと健康』  2010年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンの術後ケアに活用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入