末期ガンに寄り添う施術

宮崎県宮崎市 ナチュラルグリーン 山崎ゆか 代表

少し前のことになりますが、乳ガンを患って5年になる女性(60代)が時々うちに来られていました。

ご自身の事情をあまり話されない方で、治療内容や経過など詳細については分かりませんでしたが、再発予防とリラックスを目的にアロママッサージとビワ温灸を併用した施術を希望され、2、3ヵ月に1回通っておられました。

しかしながら、しばらく経って再発が分かり、その後は県外の病院で治療を始められたようで、うちには来なくなりました。
それから2ヵ月ほどして、その方のお嬢さんから電話を頂きました。
「今、病院ですが、多分、今日が最後です。母が山崎さんに来てほしいと言っているのでビワの道具を持って来て頂けませんか」
あまりに突然のお話で、本当に驚きました。
ほんの数ヵ月前までは、お元気な姿しか見ていませんでしたし、てっきり病院での治療が順調に進んでおられるのだろうと思っていたのです。
取り急ぎ、朝一番で入院先の病院に駆けつけました。

ベッドに横たわる彼女は殆ど意識がない状態でした。
ご家族は、医師から深刻な状況を告げられ、すでに覚悟されている様子で、あとになって伺った話では、最後を見送るうえで少しでも気持ち良く逝かせてあげたいという気持ちだったとのことでした。
そうした内情を知らない私は、足を重点にマッサージを施し、さらに下半身にひたすらビワ温灸を当て続けました。
夕方になって、「1日、お疲れでしょうから帰ってお休みになって下さい」と言われ、気にかかりながらも帰宅しました。

奇跡的に意識回復

その夜、彼女は奇跡的に山を越え、意識が戻ったのです。
翌日から数日間、続けて訪ねました。
意識の戻った彼女と言葉を交わして分かったのは、お嬢さんが耳元で「山崎さんが来てくれたよ。これからビワとアロマをしてくれるからね。気持ちが良くて楽になるよ」と話された時、頷くことはなく手足だって非常に冷たくて意識がないように見えていたのですが、私が来て施術したことは細切れながら記憶の中にあったということでした。

お嬢さんから「出来れば毎日来てほしい」とお願いされ、退院までの1ヵ月半、2日に1回の割合で通いました。
退院後もご自宅に出張してほしいとお願いされ、週に1〜2回伺いました。
退院時は顔色もそれほど悪くなく、元々食の細い方ですが、ある程度食欲も戻って食べられるようになり、食べ物の話もされるくらいの回復が見られました。
それでも医師からは「奇跡的に回復されたので、あとはお好きなことをさせてあげて下さい」と言われていたそうで、あとになって教えて頂きました。
4ヵ月近く通わせて頂きましたが、最期は次第に意識が混濁し、本当にスーッと息を引き取られました。
その間、ご家庭にもビワ温灸器はありましたが、ご家族はどこに当てれば良いのか分からないし、お仕事も忙しくてずっとは一緒にいられない状況でしたから私が訪ね、お話をしながらの施術はとても有難がられました。

段々弱って、寝たきりの状態になるにつれて腰や肩の痛みを訴えるようになられましたが、施術すると何日かは痛みを口にされなかったそうで、「来て下さると母が楽になるので見ていてホッとします」と毎回喜んで下さいました。
肺に転移があったので肩甲骨周辺や乳ガンで用いるツボ、例えば「中脘」などに横向きの姿勢で前後から打ち抜き灸を施しました。
お嬢さんから「最後まで痛みがコントロール出来て、さほど苦しまずに逝けたので本当に助けられました」と感謝され、お見送りする貴重な時間が作れたのかなと感じました。
とても残念ではありますが、寄り添える施術をさせて頂けたことに私自身も感謝しています。
今でも、ビワ温灸を行うたびに「ああ、気持ちが良い」とおっしゃられた優しいお声が、ふっと聞こえてきます。

◎ナチュラルグリーン
宮崎県宮崎市大王町63−2
TEL:080−5256−9170

◎ナチュラルグリーンに関する体験談
『ビワと健康』  2015年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 末期ガンに寄り添う施術
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入