アトピー性皮膚炎が改善

宮崎県宮崎市 ナチュラルグリーン 山崎ゆか 代表

現在、育児中の女性(30代後半)は幼稚園の頃からアトピー性皮膚炎の症状が出始め、症状が出るたびにステロイド剤を塗って対処してこられたそうです。

ところが20歳を過ぎて社会人となった頃からすっきりとは完治しなくなり、気になっておられたとのことでした。
二人目のお子さんにアトピーが出てしまったことで自分の過去と照らし合わせ、子育てを通じてステロイド剤の恐ろしさを実感することになったのでした。

どうにかして子供のアトピーを治してあげたいとの一念で生活の改善を図られたそうです。
保存料や着色料といった添加物を避け玄米食などの食事療法を始め、また温泉の湯治のような場所で1週間過ごして体内の不要なものを排泄させていくうちにお子さんの症状が徐々に改善していく姿を目の当たりにしたのです。

『要らないものを出してやればちゃんと治るんだ。自分は長い間ステロイド剤に頼ってきたけれど今度こそ離脱しよう』
そう考え、ステロイド剤の塗布を止めたそうです。

しかし、痒みがひどく症状が強く出てきたため我慢できず一度だけステロイド剤を使ったそうです。すると僅か1日できれいに収まり、逆に怖くなって『これで決心がついた』と離脱を決意されたといいます。
うちに来られたのは離脱を始めて1ヶ月ほど経った頃でした。ステロイド剤で抑えられていた症状は一気に噴出し、それはそれは大変なものでした。
辛うじて顔だけは症状が出ていないものの首から下は全身に症状が出ており、特に両腕はパンパンに晴れ上がっていました。

皮膚はどす黒く沈着し、硬くて押すとピチュッと割れる感じで正直なところ人の皮膚ではないようでした。
しかも痒くて仕方ないらしく話をしていても常に体のどこかを掻いておられ、座っている場所には剥がれ落ちた皮膚の粉溜まりが出来るほどでした。
彼女がうちを訪れたのは、私のアロマテラピーの講習会に参加されてたのがきっかけでした。

アトピーに効くクリームを作りたいと考えて参加されていたそうで、ご自分でも色々と調べていくうちに『ビワが良さそうだ』と感じて、うちに来られたのでした。
ビワ温灸は基本のツボに加え肝臓と腎臓の部分を中心に当てました。また、腕の一番ひどい箇所にも短時間ながら直接当てました。
全身いたるところから汁が出て、掻きむしった箇所は傷つき血がにじんでいる有様ですから通常は滲みて嫌がる人も多いのですが、彼女は「ジワーッとして気持ちがいい」と毎回おっしゃられました。

ビワ温灸時にはビワエキスを加えたアロマクリームとビワの抽出液を併用して塗布し、温灸の前には遠赤外線で毒素を排泄する施療も行いました。
ビワ温灸を行うと皮膚の色が良くなり、改善の反応は速く感じられました。
初めの1〜2ヶ月は3日に1回の割合で通って頂きました。

まず改善が見られたのが脚部です。症状は太股の表裏全体に現れ、常に血と汗が出ていたので「着替えるときは痛くてしょうがない」とおっしゃられていましたが、1ヶ月ほどで肌の表面がきれいになって汁は収まりました。ややヒザの裏側部分の改善には時間を要しました。
次に背中が改善しました。ここも引っ掻き傷で血が滲み、皮膚は黒ずんでいましたが痒みが取れ、傷も着実に癒えていきました。
その次は腹部でした。

最も時間が掛かったのはやはり腕です。ビワ温灸を行ってもなかなか熱が入らない状態が続きました。
腫れ自体は1ヶ月ほどで収まりましたが、一番掻き易い部位ということも影響していたと思われます。腕から汁が出なくなるには3〜4ヶ月を要しました。

当初は痒みがひどく夜もろくに眠れない状態だったわけですが、ご主人もステロイド剤では治らないということを間近で見てこられただけに、背中にビワのクリームを塗ったりして彼女が睡眠が取れるよう協力されました。
痒みに耐えかね外出して気分転換を図ろうにも顔以外は体中ボロボロなわけで露出部分を人目にさらすことになり却ってストレスで「子供の参観にすら行けない」とおっしゃっていたのですが、ビワ療法と出会って順調に改善が進むにつれて外出も苦にならなくなり、むしろ周りの人から「随分良くなったね〜」と声を掛けられ、それが励みになったとのことです。

今年の春先、季節の変わり目に痒みが出たのですが、ビワ温灸器を購入されて毎日ご自分で当てておられることで以前のような悪化は見られず、せいぜい掻いた箇所が赤くなる程度に留まりました。
現在はお仕事もできるようになり喜んでおられます。

難病が劇的に改善

実は、この方のお母さん(60代半ば)も難聴が劇的に改善されました。

ビワ療法のすぐれた威力を実感された彼女から「私の母も年齢とともに色々な症状が出てきているのでビワを当ててみたいんです」とのお話でした。
状況を伺うと10年以上前から常時ガーッという雑音が聞こえ、一対一で至近距離で話しているときは大丈夫でも講堂のような広い場所になると音が反響して声が聞き取れないとおっしゃるのです。
あちこちの病院で診てもらったそうです。しかし、結局「年齢によるもの」と片付けられ、諦めかけておられました。ビワ温灸は気持ちが良かったそうで毎日一緒に当て続けているうちに1ヶ月半ほどで著しい改善が見られたのでした。

「母がすごく喜んでいます。雑音が小さくなり普通に音が聞き取れるようになったというんです」
電話での彼女の声は喜びで弾んでいました。
施療に関しては、難聴に良いとされる耳や首の周りのツボをお伝えしましたが、基本のツボにも熱心に当てておられたようでした。

股関節の痛みが軽減

生まれたときから股関節が変形している女性(20代)は小さいときに五度も手術をされてました。

うちに訪ねてみえたときは股関節が痛み、病院で再び手術を勧められている状況でソファーに脚を揃えて座ることが困難なため右脚を伸ばして投げ出している格好でした。
初回の施療が終わった直後でした。突然「ちゃんと座れてる」とご自身がビックリされ、思わず私も「エ〜ッ」と声をあげてしまいました。
「1回で痛みが取れるんだ。すごくラクになりました」とおっしゃられ、続けて3回施療に来られ、「出来れば手術はしたくないんです。また痛くなったら来ます」とのことでした。

まだ手術をするかどうか決めておられない様子ですが、現時点では「何か良い感じがする」と落ち着いておられるようです。

◎ナチュラルグリーン
宮崎県宮崎市大王町59 クリオ90 402号
TEL:080−5256−9170

◎ナチュラルグリーンに関する体験談
『ビワと健康』  2010年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > アトピー性皮膚炎が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入