びわの葉茶の美味しい煎れ方

江平カイロプラクティックオフィス


びわの葉茶のティーバッグは一袋で水1リットル、2袋で2リットルを目安にヤカンや鍋で鮮やかな紅茶色になるまで煮出します。
沸騰し始めたらふきこぼれないよう弱火にし、水が減ってきたら注ぎ足しながら30分以上煮出すのがコツです。

色が薄く美味しく出来ない原因は、ずばり煮出し不足です。沸騰したお湯にティーバッグを入れ、火を止めて暫く待ったくらいでは、本来の色や味わいは出てきません。

長時間煮出さなくても確実に美味しく煎れるには、15〜20分煮出して火を止め、常温になるまで冷ますことです。夜に煮出して、朝までティーバッグを漬けたまま置く方法がお奨めです。
夏は冷蔵庫で冷やし、熱いのが飲みたいときは、温め直してください。

◎長友明美先生へのインタビュー
◎「江平カイロプラクティックオフィス」に関する体験談
『ビワと健康』  2017年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > びわの葉茶の美味しい作り方
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入