肝臓ガンのむくみを解消

福島県いわき市  経絡整体サロンわかまつ 若松晴美 代表

6月5日、肝臓ガンで腹水が溜まっている男性(69歳)が奥さんに付き添われて来られました。
両足のむくみもひどく、歩行も困難な状況でした。
当サロンでは、大抵1時間コースとして整体とビワ温灸を併用しますが、この男性の場合は病状が重いだけにあまり整体ができず、ビワ温灸を中心に行ないました。

通常は、温灸器にビワエキスを注入しただけで温灸を施します。
ただしこの方のような病状の重い方には生葉を併用するのが当サロンのオリジナルです。
肝臓部分には、腹部と背部の両面から当てました。生葉を直接皮膚に当て、葉の裏側から温灸器を押し当てながら順にポイントを移動させていきます。

不思議なもので、生葉を使った温灸を行なうと葉の色に病状の程度が如実に現われます。
病状が重ければ葉が真っ黒になり、軽いとほとんど変色が見られません。
ですから、症状の軽い人には生葉は使いません。

腹部には放射線治療の跡が赤く痛々しく出ていましたが、ビワ温灸を施すうちに徐々に赤みが薄れ、普通の肌の色に変わっていきました。
歩行を困難にさせていたのは膝から下のむくみで、その箇所を軽く指で押すとへこんだまま元に戻りませんでした。
その様子をそばで見ていた奥さんはびっくりした様子でとても戸惑っておられました。
一通りビワ温灸を施して、初日は終わり。 6月8日に次回の予約をされ、帰っていかれましたが、後ろ姿でみる足取りはビワ温灸を当てる前と比べると幾分軽そうに見うけられました。

むくみが取れ弾力も回復

2回目のビワ温灸。この時は初回に比べると明らかに様子が違っていて、ずいぶん歩行が楽そうでした。
それもそのはずです。ふくらはぎのむくみがすっかり取れていました。前回同様、指で押してみましたが反応が全然違っており、弾力が出て、押すとすぐに元に戻るのです。
「むくみがとれて弾力が出てきましたね」と話すと、笑みを浮かべて「実を言うと体重が1kg減ったんですよ」との言葉が帰ってきました。
健康管理のため毎日体重を計測する習慣があるそうで、むくみが取れるのにつれて体重が減少したのが分かったそうです。

12年前にC型肝炎を発症し、その後、喉頭ガンも手術されたことがあるそうですが、何万人に一人というケースで声を出すことが出来て、発声のリハビリを指導する資格も取得されているそうです。努力家なのです。
2回目のときはむくみは足首に少し残っていた程度です。たった1回で痛みが取れてしまったのですからビワ温灸がうまく作用しているのだと思われます。

今日(6月17日)までに5回通われています。足首のむくみも取れ、あとはかかとに少し残っているという状態です。
腹水も減少傾向にあるらしく、本人には少しずつお腹が軽くなっているのが自覚できるとのことです。
当てるビワの生葉の色の変化も、1回、2回、3回、と温灸の回数を重ねるにつれて黒さが薄まってきています。

温灸時に生葉を使いますが、毎回、温灸が終わると新たに生葉を患部に貼り、そのまま家に帰っていただきます。
翌朝、奥さんが外していますがやはり初めは真っ黒に変色していたものが、徐々に薄い色になってきたそうです。
ビワの種を1日10〜20粒ほど飲んでもらっているのも奏効しているかもしれません。

現在は、体のだるさもなくなり、笑顔の数もずいぶんと増えておられます。
ビワ温灸は本当に良いと感じます。ホームページでの問い合わせは整体よりビワ療法の方が多いですし、仙台や東京といった遠方からわざわざ訪ねて下さる方もいます。
また、ビワ療法の看板を見てゴルフのツアープロが通って下さったり、段々とビワの知名度も高まっている気がします。
1回の温灸に1枚の生葉を使いますが、最近では常連の方たちは心得ておられ持参されることが増えました。

◎経絡整体サロンわかまつ
福島県いわき市内郷御厨町1−37
TEL 0246−44−5909 
http://www.galstown.ne.jp/4/beauty/wakamatsu/

◎「経絡整体サロンわかまつ」に関する体験談 『ビワと健康』  2003年7月15日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肝臓ガンのむくみを解消
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入