震災後の不調に威力発揮

福島県いわき市 経絡整体サロンわかまつ 若松晴美 代表

東日本大震災の影響で、双葉郡などから借り上げ住宅等でいわき市方面に移り住んでおられる方々や東京電力、原子力発電に関係する方々が、昨年半ばころから多く来られるようになりました。

ホームページを見てビワの葉療法に興味をもたれる方が多いようで、話を伺ってみると放射能汚染が心配で自身の免疫力を高めて防御を図ることを目的とされる方もおられ、「ビワの葉療法ってどんなことやるんですか?」と質問を受けたりしています。中でも印象的なのは目の不調を訴える方が多いことです。

片目だけ見え方が悪く、怖くてとても車の運転が出来ないという女性(40代)は、眼科で診てもらっても異常は見つからなかったそうです。
それでもご本人としては、「運転中、片目だけボヤンとだぶって見えて明らかに変なんです」とおっしゃるのです。
脳の検査もされたそうです。しかし、それも異常なしだったとのこと。
「耳鳴りもありますか?」と尋ねると「たまにあります」との返事だったのでメニエールかと考えましたが、それもすでに医師から否定されていました。

似通った症状で来られた方は三人おられ、一人の方は時折グルグルとひどく目まいがするそうで、最初からビワ温灸の施術を希望されました。
三人とも女性で、震災後に症状が出るようになった点が共通していました。
特に思い当たる原因がないことから、少なからず震災による精神的ストレスが影響を及ぼしているように感じられます。
施術のポイントは、耳周りの三叉神経を中心にビワ温灸でよく温めます。
そして、同部位と頸椎に整体を行ないます。
さらに目の上(眼球周り)にビワ温灸および整体を施して、最後に手技で頭部を押圧します。
一連の施術を終えて目を開けてもらうと、「来たときと全然見え方が違います。目が開いている」とびっくりされます。
もちろん、1回きりで改善されるわけではありません。
人によって差があり、2週間後に来て頂く方もあれば、1ヵ月後に来て頂く方もあります。

次に来られたときは大抵「また目がおかしいんです」と言われます。
チェックをすると皆さん頚椎が詰まっていて、その都度調整が必要です。
彼女たちの抱えるストレスは私たちの想像を超えて半端ではないようです。
それだけにお役に立てればとよく話を聞かせて頂き、一生懸命の施術を心がけています。

腰痛にもビワ温灸

また、震災とは直接かかわりのない常連の方の場合では、最近は肩こりや腰痛が多く、やはりビワ温灸と整体の併用施療で成果が上がっています。

仕事柄、重いものを持つことが多い男性(50)は、施術を受けてから2週間が限界で、月2回のペースで通っておられます。
腰痛に限りませんが、ビワ温灸による施術のポイントは、まずうつ伏せの姿勢で腰や骨盤周りにしっかり施します。
続いて背骨の左右両側を上がっていき、肩甲骨、頸椎へと当てていきます。
次に顔を横向けにして頂き、三叉神経の周辺に当てます。
ここまでビワ温灸を行なうと温灸器を置き、同じ手順で整体を施します。
こうして上半身が終わると下半身に移ります。足の裏からふくらはぎまで順に当てていきます。

ただし、坐骨神経痛の方の場合は、太股まで上がって当てます。そして、整体を同様に施します。
所要時間は、ビワが20〜30分。基本は1時間のコースですが、時間を超過してしまうこともしばしばです。
骨盤調整も行なうので痛みが軽減し、かなり楽になられるようで皆さん、喜ばれます。
もちろんガンの方も定期的に通っておられます。
ビワ温灸と整体はとても相性が良く、本当に効果的だと実感しています。

◎経絡整体サロンわかまつ
福島県いわき市内郷御厩町1−37
TEL:0246−27−5909
http://www.galstown.ne.jp/4/beauty/wakamatsu/

◎「経絡整体サロンわかまつ」に関する体験談
『ビワと健康』  2013年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 震災後の不調に威力発揮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入