肺ガン末期の痛みを軽減

福島県いわき市 経絡整体サロンわかまつ 若松晴美 代表

開業からちょうど3年になります。ビワ療法を通じて沢山の方々のお役に立てて感謝しています。

今年7月、常連のお客様から「父が入院している病院に急いで来てほしい」との電話がありました。
85歳のお父さんは末期の肺ガンでした。

半年ほど前に入院され、治療を続けてきたそうですが、いよいよ病状が悪化して苦しんでおられたのです。
かなり衰弱していましたが意識はあり、肺の激しい痛みと1週間も排泄が出来ず硬く張ったお腹が苦しいと訴えられておられました。

肺の裏にビワエキスを塗り、生葉を当ててビワ温灸を施しました。
温灸を始めてしばらくすると、「楽になった」と言われ、ニコッと笑顔がこぼれました。
また、腹部に温灸を行なうと「ガスが出そうだ」と言われるので、「我慢しないで出していいですよ」と応えました。

マッサージとビワ温灸をひととおり終え、おへその上にビワの生葉をテープで張って帰りました。
その2時間後に便が出たそうです。
翌日、息子さん夫婦が訪ねて来られました。
これから父のお通夜だけれどどうしてもお礼が言いたくて立ち寄ったとのことでした。

肺の激しい痛みが抑えられ、1週間出なかった尿と便が出て、最後は苦しまずに逝くことができたのが何より有難かったと言われるのです。
施療に携わる者として如何なる時にも真心を込めて最善を尽くすことの大切さを学ばせて頂いた気がしました。

◎経絡整体サロンわかまつ
福島県いわき市内郷御厨町1−37
TEL 0246−44−5909 
http://www.galstown.ne.jp/4/beauty/wakamatsu/

◎「経絡整体サロンわかまつ」に関する体験談 『ビワと健康』  2004年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肺ガン末期の痛みを軽減
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入