震災に伴う諸症状に活用

福島県いわき市 経絡整体サロン わかまつ 若松晴美 代表

改善例は色々ありますが、地域柄、原発関係の作業員さんも来られています。
腰痛で来られている男性(50代)は、殆ど毎日休み無しのような状態だと言われます。
テレビのニュースで連日報じられている有様ですから忙しさは半端ではないそうで、2週間に一度、合間を見て抜け出すようにして来られているのです。

この方の場合、何か重いものを持ったとかの理由ではなく、前々から腰痛持ちだったそうで、多忙が祟って慢性的な痛みに陥っているとのことでした。
特に痛むのは左側です。2週間が我慢の限界という感じで、ここでビワ温灸と整体を受けると相当楽になると言われます。
立場が上の人らしく現場で指示もするし、自らも作業に当たることもあるそうで、寒い時期はことさらに辛かったと話しておられます。
ビワ温灸の施術のポイントは、肩と腰、背中を中心に、他に三叉神経などです。
毎回、施術に入ると気持が良くなり、神経を張り詰めた疲労もどっと出るのか熟睡状態に入っておられます。

不眠の症状にも効果

夜、寝付けないで苦しんでいた女性(70歳くらい)は、多分に震災の影響をうけているようでした。
実際、身内の方を亡くされています。
症状としては、なかなか寝つけず夜中に何度もトイレに立つ状態が続いていました。
ビワ温灸を行なうと高ぶった神経が休まるらしいのですが、それでも症状に改善が見え始めたのは開始から4〜5ヵ月が経過していました。
夜、眠れるようになってこられたのを見計らって、「今まで飲み続けてきた安定剤を試しに一度止めていては?」とアドバイスさせて頂きました。
実際に試してみると安定剤無しで睡眠が取れ、「よく眠れました」と喜ばれました。

毎年、3月が近づくと思い出してしまうことがありますし、ちょうど今の時期、季節の変わり目で男女を問わず不眠を伴う体調不良に悩まされる人が増える傾向にあるようです。
まだまだ、いわき市は震災の影響でうつに入っている人が沢山います。
そううつの男性(40代)も震災の影響とそれ以外の問題が知らず知らず絡まっているようでした。
この方はビワ温灸のみの施術です。そううつでも、そうの状態が多く、神経が高ぶり眠れないのです。
眠りの導入としてビワ温灸の心地好さは最高です。
普段薬を服用している彼も、ビワ温灸を当てている最中に寝ておられます。
皆さんまるで、ここに寝に来るみたいですが、「安心する」と言って頂き、ありがたいと感じています。

◎経絡整体サロン わかまつ
福島県いわき市郷御厩町1−37
TEL:0246−27−5909
http://www.galstown.ne.jp/4/beauty/wakamatsu/

◎「経絡整体サロンわかまつ」に関する体験談 『ビワと健康』  2015年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 震災に伴う諸症状に活用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入