肝臓ガンのむくみを取る

福島県いわき市 経絡整体サロンわかまつ 若松晴美 代表

以前、月刊「ビワと健康」に掲載された肝臓ガンのむくみが取れた改善例の記事をどなたかがホームページに載せてくださり、それを見て訪ねてこられる方が結構おられます。

最近も立て続けに二人の方が来られました。
初めに来られたのは山梨の男性(58)で、肝硬変で入院中とのことでした。
体がだるく、腹水が溜り、足は靴も履けないほど腫れ、顔色もどす黒く、肝臓ガンであることは容易に理解できました。

わざわざ遠くから訪ねてくださったのですが、とんぼ返りのため施療も思うように出来ませんでした。
「もし今度来られるときは泊まりのつもりで・・・」とお話ししたところ、翌月に「2泊して訪ねます」との電話がありました。
私が専属で施療(整体)を担当している旅館には岩盤浴があるので、宿泊先にそこを紹介しました。残念ながら岩盤浴で汗は出なかったとのことでした。
実は、1ヶ月間で病状はかなり進行していました。全身がむくんでしまって、おしっこも出なくなっていたのです。
腹水は尋常でなく、お腹は突き出してヘソは本来の形状をなしていませんでした。
1回の施療は3時間。3日連続でビワ温灸を行ないました。

肝臓の病気の人に温圧を行なうとき、私は当てる箇所を決めています。
まずうつ伏せの状態で肝臓の真裏です。ここにビワの生葉をのせて遠赤外線の温灸器を当てるとガンの人は葉っぱが真っ黒になります。次に腰です。そして仰向けになってもらってへその周り。さらに肝臓の真上。
最後にへその真上です。
へその上には、ビワエキスを含ませたコットンもしくはティッシュをのせ、その上からビワ温灸を行ないます。こうすることでへその穴からビワエキスが体内に浸透し、腹水で腫れ上がったへそが本来の形に整ってきます。
整体などの手技は一切用いず、ビワ温灸だけで3時間ですから根気が必要です。その温圧が終わってから、腹部(臓器)を下から上に押し上げるように手技を行ないます。

施療前は硬く張ったお腹の影響か気の毒なほどにゼイゼイと呼吸が荒く苦しそうですが、ビワ温灸が始まると自然と熟睡の態勢に入ります。
付き添いの奥さんは「よっぽど気持ちが良いんだね」と喜ばれ、施療後も暫く寝かせてあげました。
遠方から来られた方には一言メッセージを書いてもらっていますが、奥さんは『主人は肝硬変からくる腹水、むくみ、排尿不良がありましたがおしっこが出るようになりましたし、何しろ体が楽になったので助かりました』と記し、「できることなら先生を山梨に連れていきたい。一緒に行ってもらいたい」とも言われ感謝されました。

もう一人は、60代前半の女性でした。大腸ガンの手術後、3ヶ月経って肝臓への転移がわかったそうです。
体がだるく、腹水が溜り、下肢にむくみがありましたが、前述の男性と同様の箇所に週3回、2時間ほどビワ温灸を行ない、お腹の張りが和らいで楽になったと喜ばれました。

ビワ温灸は腫れやむくみを取るのに非常に優れた療法です。また、ガンの方は体が冷えていますからポイントに沿って施療し、体の芯から温めてあげることをお勧めします。

◎経絡整体サロンわかまつ
福島県いわき市内郷御厨町1−37
TEL 0246−44−5909 
http://www.galstown.ne.jp/4/beauty/wakamatsu/

◎「経絡整体サロンわかまつ」に関する体験談
『ビワと健康』  2007年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肝臓ガンのむくみを取る
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入