乳ガンの転移にビワ温灸

福島県いわき市 経絡整体サロンわかまつ 若松晴美 代表

最近、乳ガンで来られた女性(50代)は肝臓に転移し腫瘍が大きいため「手術は出来ない」と言われているとのことでした。

『ガンにはビワ療法が良いらしい・・・』という話を娘さんが耳にされて施療が受けられる場所を探しておられたそうで、昨年11月、当サロンが開設10周年を記念して出した新聞の折り込みチラシを偶然目にされ、「えっ、こんな近くにあったの」と喜んで訪ねてみえました。

肝臓を測定する二つの数値が悪かったそうですが、当初ご本人はそのことを口にされませんでした。
しかし、ビワ温灸の施術時に背中に薄く黄疸がみてとれました。

「これ、もしかして黄疸が出てるんじゃない?」と確認すると、「先生、なんで分かるの。凄いね」との返事で状況を話して下さいました。
週1回きちんと通ってビワ温灸を続けられました。

今年の正月明けでした。「片方が正常値に戻っていると言われたんです!」と病院での検査結果を報告して下さいました。
施術しながら私も改善の手応えを感じていました。「良かったね〜」と励ましの言葉を掛けると「もっと頑張ってビワやんなくちゃ」と言われました。
さらに1週間後でした。
「もう片方も正常に戻ったと言われたの〜」と満面の笑顔で話され、私も嬉しくて一緒に喜びました。

両方が正常値に戻るにつれて不思議な現象が起こりました。
うちでは皮膚にビワの生葉を乗せ、その上から遠赤外線のビワ温灸器を当てる方法をとっていますが、通常はガンの患部にビワ温灸を施すと葉っぱは真っ黒に変色します。
特に内臓のガンの場合だと円く広範囲が変色します。この方も同様の状態が続いていました。

ところが肝臓が正常値に戻ったと同時に明らかに変色の度合いは減り、葉っぱの変色自体ほくろ状の黒点がポツポツと現れる程度になったのです。
ビワの葉が示す如実な変化を目の当たりにしてご本人も私もびっくりでした。
そうはいうものの先日は体のだるさを訴えておられました。体調好転反応なのかもしれません。

病状が病状だけに無理はできません。
体調に合わせてゆっくり、そして着実に施療を続けていかれるようお勧めしています。

◎経絡整体サロンわかまつ
福島県いわき市内郷御厨町1−37
TEL 0246−44−5909 
http://www.galstown.ne.jp/4/beauty/wakamatsu/

◎「経絡整体サロンわかまつ」に関する体験談
『ビワと健康』  2011年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンの転移にビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入