悪酔いを抑えるビワ酢

千葉県流山市 ウェルネス美原院長 塚原宣幸 さん

納豆やヨーグルトと同様にお酒も身体に良い発酵食品ととらえるか否かは意見の分かれるところですが、適量ならばともかく飲み過ぎは良いはずがありません。
つい飲み過ぎてしまったとか、お付き合いで酒席に出向かねばならない場合などにお薦めできるのがビワ酢です。

酢が肝臓に良いことは中国の漢方書『本草綱目』にも記されています。
私の経験では、飲み過ぎてから対処するより飲酒の1〜2時間前にビワ酢を飲んでおく方が有効です。

運悪く飲み過ぎてしまったときは、翌朝、7倍に希釈したビワ酢を冷たく冷やしてコップ1杯飲むと市販の薬に頼るよりはるかに効果的です。
ビワ酢とお水でアルコールを体外に流してしまうのです。
利尿作用に優れたビワ茶も良いと思います。

もちろん、ビワ酢の効果を当て込んで深酒をしていたのでは話になりませんが、例えばアルコール中毒の人などにビワ酢とビワ温灸を併用すれば改善に期待がもてます。

ただし、合成酢では効果は疑問です。
発酵玄米酢を用いたビワ酢ならではの効果であることを最後に付け加えておきます。

●二日酔いのツボはこちらをご覧下さい。

◎ウェルネス美原(ご紹介はこちらです)
千葉県流山市美原2−116−4
電話:0471−54−4809

◎「ウェルネス美原」に関する体験談 『ビワと健康』  2001年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 参考資料 > 悪酔いを抑えるビワ酢
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入