火傷を癒すビワの葉風呂

千葉県流山市 ウェルネス美原院長 塚原宣幸 さん


この夏、大火傷をしてしまった橋本拓郎くん(6歳)についてご紹介させていただきます。

蓮沼海岸の砂浜で遊んでいた拓郎くんは、砂をかぶせてあったもののまだ燃えている炭の中に気付かずに足を入れてしまいました。
あまりの驚きで抜け出すこともできず、周囲の大人が気付いて脱出した時には、右下肢第1〜第5指は言うに及ばず、足甲部の半分以上が焼けただれた状態でした。

急いで水で洗い、翌日外科にかかった時はすでに第2度、部分的には第3度の状態でした。見た目には、小豆大からゴルフボール大までの水疱と潰瘍で目をそらしたくなるほどです。
消毒後、滅菌ガーゼをあてがって包帯を巻き、乾燥化させる処置がとられ、同時に化膿止めが投薬されました。
しかし、動き回るのが大好きな拓郎くん、水包が潰れようともお構いなし。挙げ句には自分で潰してしまう始末で、見ている方が痛まないか気になりました。

受傷後、約1週間が経過し、まだ潰瘍のある状態でしたがビワ浴剤を使ったぬるめのお湯に足を浸けさせ、(拓郎くんは水遊びが大好きなので)少しばかりストレスを発散させ、また包帯を巻くことの繰り返しを1週間続けたところ、潰瘍がほとんど消失するまで回復してきました。

これには大変驚きました。火傷にはビワ葉を貼ると良いとされているのは知っていたものの、これほど短期間でこんなにも効果があるとは本当にびっくりです。

完全治癒しても多少の癜痕が残るかも知れませんが、あまり痛がりもせず、大好きな水遊びをしながら治ることができるのはビワの恵みと言えるのではないかと思います。

◎ウェルネス美原 (ご紹介はこちらです)
千葉県流山市美原2−116−4
TEL:090−8680−9081

◎「ウェルネス美原」に関する体験談 『ビワと健康』  99年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 火傷を癒すビワの葉風呂
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入