胃、肝臓ガン退縮を後押し

千葉県流山市 ウェルネス美原 塚原宣幸 院長

Oさん(女性、63)は平成14年2月の来院時、胃を原発にしたガンが肝転移し、約10cmのガンが複数ある状態で、既に抗ガン剤治療(TS−1&シスプラチン)を始めておられ味覚障害、涙目、皮膚変色、体がきしむようなだるさ、嫌悪感などの副作用が出ていました。

さっそく、ビワ温灸による施術を始めることにしました。顔面(引堂、陽白、攅竹、承泣、瞳子膠など)、腹部(神闕、中脘、上かん、巨闕 膻中、天枢、期門など)、背部(腎兪、命門〜大椎にいたり天柱、風池まで)、足底(湧泉、癌根点=『ビワと健康』第10号参照)、そして特に脾兪、胃兪、内関、魚際の周辺を念入りに行なうようにしました。

当院においては週1回、そのほかはご自分でビワ温灸器を当てられる範囲で行ないました。
また、ビワの種(粉末)を1日2回程度と、ビタミンB群含有のアガリクス顆粒を食用することになりました。

2ヶ月後、これまで涙目で読めなかった新聞の文字がはっきり読めるくらいに改善し、シスプラチン投与後の一時的苦痛から食欲減退はあるものの大きな体重減はなく、吐き気もほとんどなく、「食べても美味しくない」と言われつつも、きちんと食事の摂れる状態でした。
3ヶ月後の5月、CTによる検査の結果、肝臓転移の大きさが1〜2cmに縮小し、胃の原発部は消失し、判読できないまでに改善していました。
この直後、薬剤耐性が見られ始めたためイリノテカン、マイトマイシンへと抗ガン剤が変わったこともあってか倦怠感が強くなったので緩やかな整体を追加施術するようにしました。

味覚障害、脱毛はそれほど変わることなく、抗ガン剤治療を一時でも中断せざるを得ないような下痢(イリノテカンの最も恐ろしい副作用の一つ)、吐き気、骨髄抑制(白血球減少など)等の重篤な副作用はなく、食べても美味しくないという事情から量はやや少ないながらも普通に食事を摂っておられました。
11月。PET,CTの検査の結果、全てのガンは消失していました。

Oさんに投与された抗ガン剤は標準的なものです。量、投与法とも国立の医療機関なので特別なことが施されたわけではありません。治癒には何よりも精神力、プラス思考が大事です。

副作用で、下痢を起こす可能性が大であったため下痢止めのロぺミンを渡されていましたが服用することはありませんでした。
私の方では、もし下痢が起こったときはBB536菌やFK−23など乳酸菌の食用をを勧めようと考えていました。乳酸菌は腸内環境の改善に伴い免疫機能の改善等には欠かせないものの一つだからです。しかし、結局どちらのお世話にもなりませんでした。

Oさんに対する抗ガン剤治療は、奏効率76%と大きく期待のできる治療と公表されていますが、嘔吐や食欲不振による体重減といった副作用から治療を中断せざるを得ない人もいるのです。
下痢と副作用から辛い思いをしても、、抗ガン剤にはつきものとして十分に抑えようともしないケースもあると聞きます。

Oさんは、脱毛しながらも、涙目でサングラスをかけながらも、食べても美味しくないと言いながらも気丈に頑張られました。
ご自分で車を運転される姿を見ながら、この人くらい精神力の強い方はそう多くないと感じました。
Oさんにとってビワ温灸とアガリクスがどれほど有益であったかを示す科学的データはありませんが、自ら取り組まれた療法の一つ一つが奏効したことは間違いないと思われます。
今日も、Oさんは趣味のグランドゴルフにお出かけでしょう。

そして、庭にはビワの木が一本植えられました。
(本文はOさんに加筆、訂正して戴いたものです。)

◎ウェルネス美原 (ご紹介はこちらです)
千葉県流山市美原2−116−4
TEL:090−8680−9081

◎「ウェルネス美原」に関する体験談 『ビワと健康』  2004年4月15日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 胃、肝臓ガン退縮を後押し
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入