野球肘、五十肩に有効

千葉県流山市 ウェルネス美原院長 塚原宣幸 さん

ビワ療法を用いた施術によって経過が良好と思われる野球肘五十肩の二例を紹介します。

野球肘で来院したのは小学6年生の男の子です。
来院時は、症状が出始めて1ヶ月ほど経っており、腕の曲げ伸ばしに痛みを訴えていました。
内側上顆炎、すなわち腕の内側が炎症を起こしている状態でしたから患部に直接ビワ温灸を行うことは避けました。
まず、遠隔部のツボから施灸しました。天窓、肩髃、曲垣、陽池、外関、大陵、合谷などです。
もちろん、体全体や快癒点にも施灸しました。

次に、施灸できない患部周辺には金粒とよばれる粒灸を施しました。少海、尺沢、曲沢、曲池などのツボです。
このビワ温灸と粒鍼による遠近を使い分けた施術ののち、ビワクリームを患部に塗布しました。

ビワクリームは施術用に私が考案したもので、精製されていない蜜蝋をベースにビワエキス、ラベンダー、グレープシードオイル、ホホバオイル、ハッカオイル等を必要に応じてアロマポットで調合します。
夏場は溶けやすく、冬場は硬くなるため配合が難しいのですがビワエキスの量で硬さを調節します。
ビワ温灸と併用して良い効果が得られていますが、今回のように患部に直接ビワ温灸が出来ないケースでは非常に重宝です。
この男の子は、短時間で痛みが和らぎそれに伴って腕を動かすのが楽になり順調な回復をみせました。

五十肩を患った女性(84歳)は、接骨院の治療では改善がみられず、当院を訪れたときは発症から2ヶ月が経過していました。
肘は曲げられても腕を上げることは困難で、一人では丸首シャツを着ることができないためボタン式の前開きシャツを着用されていました。
特に左肩の症状が重く熱感もあり、年齢による筋力不足も感じられました。
この方の場合、ノーマルな整体とともに肩こりや五十肩のツボに沿って一通りビワ温灸を行いました。

粒鍼は天窓、天井、肩髃、天柱、風池、曲垣等に行い、ビワクリームは首や肩、痛みのある患部にまんべんなく塗布しました。
翌日、体調好転反応が激しく現れ1日中動くことが出来ず、さらに夜間痛で寝ることも出来ないと連絡があり大変でしたが、翌々日には身体は楽になり痛みが収まってきました。
1週間後、2回目の施術では痛みはずいぶんと軽減し、シャツも何とか一人で着られるまで回復され、喜んでおられました。
まだ2回の施術で、改善の初期段階ではありますが、確実に回復に向かっているように感じられます。

ビワクリームは肌荒れや乾燥肌の方にも良い効果がみられます。
ビワローションも良いのですが、頻繁に水を使う仕事などではオイルを含むほうが流れにくく手を保護してくれるようです。
基本をきちんと押さえながら、さらに色々工夫していくことで少しでも早く改善が得られればいいと思い取り組んでいます。

◎ウェルネス美原 (ご紹介はこちらです)
千葉県流山市美原2−116−4
TEL:090−8680−9081

◎「ウェルネス美原」に関する体験談 『ビワと健康』  2002年10月15日号)

●「ビワの葉療法」の総合情報サイトへ
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 野球肘、五十肩に有効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入