冷えの下痢にビワ温灸

千葉県流山市 ウェルネス美原 塚原宣幸 院長

今年の春先、下痢が1週間続きました。
初めは風邪だろうと軽く考えて下痢止め薬を服用していました。

ところが薬の効き目が感じられるのは僅かな時間で、1〜2時間経つとたまらずにトイレに駆け込む状態でした。
普通なら時間の経過とともに自然に便が固まってくるものですが、いつまで経っても水様便で、体には力が入らずフワフワした感覚になっていきました。

最悪の時は30分に1回便意を催し、施療の途中で席を立つほどでした。

こんな経験はかつて一度もなく、さすがに不安になって医者に診てもらうべきかと考えましたが、ふと気がつくと腹部が妙に冷えていたのです。
自覚はありませんでしたが確かに冷えていたのです。
冷えが原因しての下痢と判り、すぐにビワ温灸を施しました。

人の病気の改善には躍起になっても意外と自分の健康への気配りを怠ってしまう治療家は、私に限らず多いかもしれません。
ともあれ、おへそ(神闕)を中心にして中脘、巨闕、天枢、関元等腹部全体に放射線状にじっくり温灸を施しました。
時間にして小一時間。お腹が真っ赤になるほど当てました。
このビワ温灸が見事に的中し、翌日はピタッと下痢が止まり、そのまま改善に向かいました。

治療家ほど健康管理に留意し、自身にビワ温灸を施すべし。再確認の体験となりました。

◎ウェルネス美原 (ご紹介はこちらです)
千葉県流山市美原2−116−4
TEL:090−8680−9081

◎「ウェルネス美原」に関する体験談 『ビワと健康』  2005年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 冷えの下痢にビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入