肥満の諸疾患に好結果

千葉県流山市 ウェルネス美原院長 塚原宣幸 さん

Rさん(女性、48歳)は、BMI(※)が39、典型的なあんこ型の体型です。
持病として糖尿、本態性高血圧症、膝内症、座骨神経痛、肋間神経痛など肥満を原因とする疾病は一通り抱えている状態です。

薬剤投与を受けつつも、日に幾度となく感じるめまいや頭痛を伴う高血圧症は深刻そのものですが、本人としては寝返りさえできず、睡眠もままならない座骨神経痛の方が我慢できないとのことでした。

手技で座骨神経痛、運動不足に起因する脊柱の可動性改善を図りつつ、温灸器を用いて太陽膀胱経の兪穴(肺兪から膀胱兪まで)、委中から崑崙、少陽胆経のうち井穴であるキョウ陰、原穴である丘墟を主とした基本経穴を丁寧に温灸しました。

ビワ温灸は週2〜3回のペースで繰り返し、枇杷の種(粉末)とビワ茶を併用してもらいました。
また、生活面でも好物の甘いものを控え、運動療法として自己整復体操や大腿四頭筋の等尺性運動等をしてもらいました。

4ヶ月が過ぎ、体重は8キロ減少しました。
医療機関の検査で血圧の安定が確認でき、しばしばあっためまいや頭痛がほとんど無くなり、座骨神経痛や膝痛も順調に改善しつつあります。

ビワの葉療法を併用した施術は、改善を確実に導きます。

(※)BMI…肥満度を表す国際的評価法(ボディ・マス・インデックス)。
体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}で算出し、男性27、女性26以上が要注意。40以上の死亡率は1.5倍といわれている。


◎ウェルネス美原 (ご紹介はこちらです)
千葉県流山市美原2−116−4
TEL:090−8680−9081

◎「ウェルネス美原」に関する体験談 『ビワと健康』  98年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肥満の諸疾患に好結果
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入