目まいの症状が取れた!

愛知県愛知郡 たじま整体院 田嶋一雄 院長

目まいの女性(60)は当初、どこが悪いということではなく体調が悪く、不定愁訴という感じで来られた方でした。

2回、3回と治療を続けるうちに「実は目まいが酷いんです。お医者さんに通ってます」と話されました。

インターネットで調べて目まいは簡単には治るものではないという情報を得ていたのと、整体と目まいが結びつかなかったようで敢えて私には言わずにいたとのことでした。

確かに私の母も目まいがあり、点滴と服用薬は欠かせない状態が2年以上続いていて、以前にご紹介したようにビワ温灸を施せば良くなりますが、放っておくとまた元に戻ってしまう状態で、難しい病気であることは否定できません。
たまたま施術の際に彼女から目まいの話が出たので、「私やってますよ」とお伝えしました。

結果からいうと、この方の目まいはビワ温灸を用いた施術で僅か3回で完全に改善してしまいまいた。
この方は私が奨めたのでビワ温灸器を持っておられます。ただ、自分で当てるとなかなかツボを押さえるのが難しいらしく、あまり効き目を感じられずうちに通ってこられています。
車で通われるのでフラフラするほど重症ではないけれど、不快ですっきりしない状態が続いていたそうで、目まいの治療に移ってからはそれのみに集中しました。
1週間間隔で来られる予定でしたが、2回目は1週間後に来られ、次に来られたのは3週間後でした。

3週間開いたので施術時に「あれからどうですか?」と尋ねたところ、驚いたことに「医者に行って、もう薬は要らないと断りました」という返事でした。
勝負は、2回目の治療でほぼついていたのです。
ビワ温灸の専門家から患部や主要なツボには5回当てると良いと聞いているので、この方の場合も患部や周辺、主要ツボにご本人が熱いと言うまでじっくりと当て、その他の関連するツボは1回に抑えました。

「扶突」のツボに温灸

あとは経験的に胸鎖乳突筋をほぐすと耳鳴りや目まいに良いことを知っていたので、ツボでいうとその筋肉の前縁の筋中にある「扶突」などを用いました。

胸鎖乳突筋は肩こりに良く、ほぐすと楽になり、首が回らない例えばパソコンに向かって固まってしまったような激痛の改善にも重要な箇所になります。
鍼専門の本では「扶突」は気のめぐりを改善し、できものの快調、咳を止め、喘息を鎮めるとあり、目まいとは一切書いてありませんがポイントです。

うちでは首に痛みや支障がある人には、胸鎖乳突筋に医療用の直貼りカイロを2枚当てるようにしています。さらにネックウォーマーで15分くらい温めると緩んできます。
首の痛みに対してグリグリ施術してしまうと余計に痛くなることがあります。
この方法で半分くらい緩め、あとは軽くさするだけで首の不調を改善に導いています。
耳鳴り、目まいの方はこの筋肉と「扶突」のツボを意識されることをお勧めします。

具体的に用いたツボを列記すると、「瘂門」「風池」「天柱」「肩井」「太陽」「攅竹」「魚腰」「瞳子髎」「四白」と、こめかみ(側頭筋)になります。
あとはおでこのマッサージです。頭の疾患には有効で、真ん中から外に向かってさする感じのテクニックで、片頭痛の人なども気持ちいいと喜ばれます。参考にして頂き、改善のお役に立てれば幸いです。

◎たじま整体院
愛知県愛知郡東郷町御岳2−6−19
TEL:0561−38−3387

◎「たじま整体院」に関する体験談
『ビワと健康』  2018年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 目まいの症状が取れた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入