母の難聴、膝痛が改善

愛知県愛知郡 たじま整体院 田嶋一雄 院長

私には、もうじき90歳になる母がいます。いつの間にか難聴が進行していて、テーブルの端と端とで会話が出来ないほど深刻な状態になってきました。

『そうだ、自分にはビワ温灸があるじゃないか。絶対に治そう』

そう思い立ち、どんなに忙しくても週5回は必ず当てると決めて毎日のように当てていくうちにびっくりするほど改善しました。

ところが、一旦治ってしまうと安心し、ついつい仕事が忙しくて施術の頻度が減ってしまって、気がつくと元の状態に戻ってしまいました。
「ちょっとコレやって」と言っても全然聞こえてなくて、「さっきから大きな声で言っているでしょう」と声を張り上げて、やっと「何?」と返事があるくらいになってしまったのです。
母親の劇的な改善と放置による逆戻りを通じて、ビワ温灸は意識的に集中して続けると効果が大きいということが確認出来ました。

一度良くなっているので、自分としてはまた改善させる自信はありますが、それゆえに当ててあげられないことを申しわけなく感じています。
母は難聴と目まい以外は至って健康で、今も自転車に乗って買い物に行きますし、夏場はスイカを二つもさげて帰ってくるほどで、姿勢もシャキッと良いことから近所の人たちの間では私の整体が効いていることになっています。
元々は虚弱体質なのですが、年齢を重ねるほどに元気になっていることに感謝しています。

膝痛にも劇的な効果

その母が膝痛で整形外科に行ったことがありました。右膝が痛くてひきずって歩いていましたが、診断の結果は変形性膝関節症というものでした。
骨が変形してトゲになっている骨棘形成による痛みの場合は、骨を削るしかありませんが母の痛みはそれとは違っていました。
私は右足の内側に走る内側側副靱帯の損傷が原因であると判断しました。
テーピングのプロですから、捻挫などの治療には強いと自負しています。実際、その靱帯を押すと母は飛び上がらんばかりにギャーギャー痛がっていました。

一応、鍼治療にも行かせたのですが、「先生、これ靱帯ですよね」と尋ねると「いや、靱帯じゃないね」と応えたそうなので、1回で止めさせました。
それで、私がビワ温灸を局所的に当てたところ、僅か5分で「あれっ、痛みが取れた!」と劇的な改善をみたのでした。
昔は膝関節痛の人が来られると少し不安な面もありましたが、母の改善を通してビワ温灸があれば何とかなると自信を持って対応することが出来ています。
難聴同様、しばらく放置してしまいましたが、こちらの方は多少戻りがある程度で普通に歩けています。
「ビワ温灸を当ててあげるよ」というと「えっ、やってくれるの」と喜んでくれる母なので、多忙であっても親孝行としてやってあげたいと思っています。

◎たじま整体院
愛知県愛知郡東東郷町御岳2−6−19
TEL:0561−38−3387

◎「たじま整体院」に関する体験談
『ビワと健康』  2017年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 母の難聴、膝痛が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入