テニス肘、膝、尾てい骨痛

愛知県愛知郡 たじま整体院 田嶋一雄 院長

テニス肘の女性(25)は整形外科を受診し、サポーター(エルボーバンド)やテーピングによる処置が施され、どちらも効果が得られなかったことからステロイド注射による痛み止めの処置がとられたそうです。
医師から「この先、一生注射と仲良くしていくしかない」といった意味合いの言葉をかけられ沈んだ気持ちになったといいます。
この方の職業は介護士です。職業病ともいうべきか肩こりや腰痛を発症するたびに訪れる方で、たまたまテニス肘にまつわる悩みを話してくれたのでした。

彼女はうちではテニス肘は治せないと思っていたらしく、「いやいや、そんなことないですよ。一度やってみましょう」と施術を勧めました。
結果的には初回に30分、1週間後の2回目に15分、ビワ温灸を僅か2回施しただけで痛みは完全に取れ、3ヵ月が経過した今でも痛みは全く出ていません。
仕事がら体重が60キロあるお年寄りを抱きかかえる日々なので、対症療法的な改善であればとっくに再発していてもおかしくはなく、いわゆる完治した状態といえそうです。
ポイントとしては、痛みが強く出ていた上腕骨外側上顆部を中心にビワ温灸の本に掲載されている肘周りの六つの経穴に対して集中的に施術しました。

膝痛にも効果

もう一つの改善例は、膝痛の女性(40代)です。
膝の構造は複雑なので痛みも個人差があります。

この方は、代表的な経穴「内膝眼」や「外膝眼」を押しても痛みはなく、内側側副靱帯周辺を押すとギャーッと叫ぶほどの痛みを訴えていました。
バレーボールに打ち込んでいる方で、多少の痛みだとサポーターやテーピングでぐるぐる巻きにして練習や試合に出てしまうため、治ってはまた痛めての繰り返しですが、今のところ2ヶ月間良好な状態を維持しています。
今では患部をグッと押しても痛みはなく、正座はもちろんどんな姿勢も問題なく出来るので、寛解と呼べる基準にあると言えます。
私はテーピングなど有効な施術は色々提供しますが、やはり肘や膝といった関節の痛みでは特にビワ温灸の威力を実感しています。

尾てい骨の痛みにも

もう一例。出産後、尾てい骨に痛みが出た女性(25)の改善例も劇的でした。
仙骨にポコッと隆起したものがあり、当初はそこに触れるだけで飛び上がるほど痛がっていました。

尾てい骨自体は避け周辺にビワ温灸を当てて、それなりに時間を要しました。
40分間フルに施術し、完全に痛みが取れて施術を終えるまでは4回ほど費やしました。
2回目の施術が終わった時点で一応痛みは収まり、その後は念押しの施術でしたが原因は明確には判りませんでした。
整形外科でレントゲンを撮ってから来られると骨の異常や変形などが確認できて有り難いのですが、多くの方は病院に行く前に来られるのでやむを得ないところがあります。
ビワ温灸は単体でも他の療法との併用でも、良い結果が得られているので大いに活用しています。

◎たじま整体院
愛知県愛知郡東郷町御岳2−6−19
TEL:0561−38−3387 携帯:090−2772−9390

◎「たじま整体院」に関する体験談
『ビワと健康』  2016年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > テニス肘、膝、尾てい骨痛
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入