腰部脊柱管狭窄症の激痛、痺れを克服

北海道札幌市 レートリル札幌 田口英雄 院長

今回、投稿させて頂く改善例は、施療開始当初は頭を悩まし、一つ一つ医療機関での各データ(主に血液、画像)を確認、疑問のある点は専門のドクターに診て頂き、確認しながら各症状の驚くべき改善まで見ることが出来た症例です。

改めて、当初からの施療方針が活かされ喜ばれています。
全国のビワの葉温熱療法を実践されている方々に、原点に戻り施療方法や注意深く観察することが如何に大事かを感じ取っていただければ幸いと思っています。
今回は、画像データも記載させて頂きますが、総合的なデータが今後とも必須となると思われるので、健常な人の画像データと合わせて投稿させて頂きました。

ビワ温灸の併用による相乗効果を期待

なお、昨年11月、朝のテレビ(NHK)で遠赤外線による「和音療法」が紹介され、全国医療機関(主に循環器内科、約80ヵ所)にて、特に難治性の慢性心不全、繊維筋痛症等に高い治癒効果を得ているとの放映がなされていました。
研究は、約20年前から行われており、「遠赤外線乾式サウナ」に60℃で15分間入り、20分間温かい毛布類で身体を包む(前後は必ず水分摂取)ことで、深部体温が1〜1.2℃上昇、血管を急激に拡張せず、徐々に末梢血管を拡張させ各臓器に負担を掛けず、心臓の血圧、心拍を安定させる結果が得られているとの内容でした。
循環器内科学会でも、その研究内容が多く発表されています。

ビワの葉温熱療法も同様に施術、施療、自宅でもできる療法ですから、併用による相乗効果は大いに期待でき、更なる普及に繋がるものと確信しています。
今回の症例で驚くべき改善、回復が見られた点を列記すると、
  1. 腰部脊柱管狭窄症の間欠跛行(激痛が消えた)から解放。
  2. 慢性心不全の諸症状が改善。
    • 重度の無呼吸症候群の改善(在宅持続陽圧呼吸器から解放)
    • 心疾患に類似する多臓器機能低下の改善。
  3. 施療中での注視から見える身体の不調サイン。
    外頸動脈腫脹の治療による脳梗塞再発の予防。
  4. ビワの葉温熱療法と同一波長の遠赤外線医療器併用による相乗効果。
    医療機関、施術院、家庭で購入でき難治性疾病の療法に相乗効果の期待、大!
となります。

腰部脊柱管狭窄症による諸症状に

それでは、改善の概要を報告させて頂きます。
この方は当初、自宅でのビワ温熱療法を希望され、ご夫婦で「ビワの葉療法」の講習を受け、お二人で温灸をしておられました。
その後、ご主人(72)がレートリル札幌の施療方法を強く望まれ、2007年6月より、週1回のペースで通われ、現在も休まずビワ温熱療法を継続しておられます。
その間、諸症状の驚くべき改善が見られたので、ご紹介します。

ご主人は過去に脳梗塞を発症し、長年、血液凝固阻止剤が処方され、以前から鍼灸院に通っていたそうですが、施術後に止血が止まらなくなり、鍼灸に代わる療法を求めていたそうです。
趣味が週1回のゴルフで、冬の期間も南国でのゴルフを楽しまれ、奥様とは豪華客船クルージング旅行を楽しまれていたのですが、歩行中、脚部に痛みや痺れを感じ、その間隔は時間経過と共に次第に短くなっていったそうです。
その当時は、10分程度歩くと症状が現れ、ズボンの履き替えも椅子に腰かけないと不可能になっていたということです。
既往歴では、脳梗塞、腰部脊柱管狭窄症(L1〜L2,L4〜L5),副鼻腔炎、等がありました。

私共のチェックリストで、
  • 普段からストレスが溜まりやすい
  • 猫背または姿勢が悪いとよく言われる
  • あがり性、緊張しやすい
  • 冷え性
  • 両足の浮腫み
  • 右脚部の痛み、痺れ、筋肉痛あり
  • 右肩から上腕にかけての凝り
  • お風呂はいつもシャワーで済ます
 等々が把握できました。

施療開始当初、医療機関での各データ(右図)を見ると特にBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)が著しく高いことが分かりました。
これは、主として心室から分泌され、血管拡張作用、利尿作用をもち、体液量や血圧の調整に重要な役割を果たしていることが知られ、慢性および急性心不全の病態把握に重要とされています。
そこで、救急性に繋がることを念頭に、呼吸、心拍に注視しながら主訴である腰部脊柱管狭窄症による諸症状に対応すべく施療させて頂きました。

膀胱経の基本のツボを中心に温灸

脊柱管狭窄症でみられる「間欠跛行」は、症状の程度によって異なります。軽症の人は10分程度は歩行可能ですが、重症の場合は1〜2分歩くのが精一杯で、すぐに痛みや痺れが発症すると言われています。
また、閉塞性動脈硬化症でも同様な症状を呈すると言われ、立位のままでも回復する相違点が判別の目安とされています。
脊柱管の中には脳から続く脊髄、馬尾および神経根が走行しており、これらは運動系(脳からの指令)と感覚系(各部から情報を脳へ伝達)から構成されていますが、脊柱管狭窄症による神経圧迫が主な症状が現れてくる病態なので、これらに伴う髄液や血流の阻害が起こり、神経の栄養が不良の状態に陥ると考えられています。

この方のMRI画像検査では、2ヵ所の腰部に狭窄が見られ、座位での脊椎マーキングでも腰椎L1〜L5にかけて湾曲しているのが観察されました。
医療機関での保存的治療法としては、薬物療法、神経ブロック、理学療法などの治療が行われています。
馬尾型や混合型障害がある人は通常、手術が奨められます。近年では、馬尾障害があっても保存療法が有効なケースも明らかにされています。
しかし、他の疾病をも有する場合、薬剤による弊害、個人の強い希望を総合した場合、保存療法を選択肢として考えると、〔剤療法+温熱療法、⊃牲丱屮蹈奪+温熱療法または手術後の理学療法(温熱療法+リハビリ)に温熱療法は幅広く有効な改善療法と考えられます。

レートリル札幌での施術法としては、膀胱経の基本のツボを中心に根気よく丁寧に温圧を施しました。
背部、脚部、腹部で用いた主たるツボを以下に列挙します。
 背部・・・胃兪、三焦愈、志室、腎愈、大腸愈、上謬、膀胱愈、胞膏、環跳、八謬穴、等。
 脚部・・・承扶、殷門、委中、承山、湧泉、陰包、三陰交、復溜、太谿、風市、委陽、三里、外丘、崑崙、等。
 腹部・・・巨闕、中カン、天枢、神闕、関元、等です。

また、腰部脊柱管狭窄症は、背中を反らすような姿勢をとると神経が圧迫され、症状が出やすいのが特徴とされているため日常生活における対処法の指導もされていました。
 ―鼎い發里鮖ち上げたり
 長時間同じ姿勢を続けない
 9を曲げてひねったりしない
等、腰部に負担をかける動作を極力避ける日常生活を維持することを心掛けるといったもので、この方も直ちに、趣味のゴルフにドクターストップがかかり、歩行時は杖を用いたり、トレーナー指導の下にフィットネスクラブに通い、温水プールにて歩行訓練等を導入し、対処しておられました。

施療を開始した当初は、温圧を施すと千枚通しで刺されている感じと、ピリピリ感の連続でしたが、現在では気持ち良さを痛感されています。

重度の無呼吸症候群、甲状腺機能も低下

施療中に無呼吸が発症していることに気づきました。
最長無呼吸時間(秒/分)と単位時間内の回数が重度と考えられたので、心疾患と類似して観られる多臓器の内分泌ホルモン(甲状腺機能)も合わせて他の医療機関を受診するようにお勧めしました。

検査入院の結果、睡眠ポリグラフィー検査(最長無呼吸時間・・・44秒、睡眠1時間当たりの回数・・・37・7回)にて重度の無呼吸症候群と診断され、在宅でのCPAP療法(在宅持続陽圧呼吸器)が開始されました。
また、再度確認のため心臓の諸検査をして頂いた結果、慢性心不全および、連合弁膜症(大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症、肺動脈弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症)と診断されたそうです。

一方、循環器内科の医師に甲状腺機能検査をお願いしたところ、驚いた顔をされていたそうで、甲状腺機能低下症と診断され、甲状腺ホルモン(L−チロキシン)補充療法の処方がなされました。
甲状腺機能低下症の症状は特に、下肢の浮腫み、便秘、発汗低下、皮膚乾燥、こむらがえり、白髪などの循環器疾患に類似した症状がみられるとのことです。
前記の血液データからも総コレステロール、CPK等の上昇を呈し、これも類似した所見がみられたそうです。
甲状腺機能低下症を放置すると、コレステロールが増え、動脈硬化を促進し、心疾患、脳梗塞などの動脈硬化性疾患が増加すると言われます。
また、身体が浮腫み、進行すると心臓の周囲(心嚢)に水が溜まり、心不全症状を示すそうです。

心疾患には心経を中心に、甲状腺には任脈を

以前、心カテーテル検査では、冠動脈に一部狭窄が認められていますが、今回の受診で重度の無呼吸症候群および甲状腺機能低下症と確定診断され、各症状の要因と疾患名が明らかにされ、更なる施療方針も示唆されました。

一時は、どこから施療を開始すればよいのか思い悩む症例でもありました。
心疾患の基本のツボは心経を中心に、甲状腺機能低下症では任脈の穴を重点的に温圧しました。

心疾患で用いた背部、腹部、上腕・脚部の主たるツボを列挙します。
 背部・・・風池、天柱、亜門、肩井、大杼、天宗、身柱、心愈、等。
 腹部・・・惑中、ダン中、巨闕、中カン、神闕、気海、関元、等。
 上腕・脚部・・・神門、小海、侠伯、陽陵泉、外丘、太衝、失眠、等です。
また、甲状腺機能低下症で用いた任脈のツボは、浮腫みには照海、皮膚の乾燥には曲池、冷えには腎愈、三陰交、身体のだるさにはダン中、代謝活性に天突、印堂、人迎、気舎、等です。

温灸器の連結補助具を製作

施療は、全身に及ぶ温圧となり、効率的に出来ないかと創意工夫しました。
自作でビワ温灸器の連結補助具を製作することで時間の短縮にも繋がり、以前より効果が数段上がった印象です。他の方々にも活用して、喜ばれています。

ご本人は、食生活にも細心の注意を払っているのですが、腸内ガスが溜まりやすく、足の少陽胆経、特に中腋窩線上の穴を温圧するとてきめんの効果が得られます。
中腋窩線上で用いた主たる穴は、日月、環跳、長強、チョウ筋、京門、帯ミャク、缺盆、等です。

レートリル札幌では、仰臥位⇒背臥位⇒座位の体位で施療させて頂いていますが、この方の右外頸動脈の一部に腫脹が見られ、脳神経外科に受診して頂いたところ、石灰化による右頸動脈狭窄(狭窄率約87%)が認められ、病変の位置や心房細動に対して服薬中ということもあり、頸動脈ステント留置治療のため、入院されました。
施療を通して注意深く観察することが如何に重要かを改めて認識した次第です。
ステント留置後、約1年6ヵ月経過した頸動脈エコー検査では、内膜血管にやや不整が見られるものの石灰化や血球成分による沈着は認められなかったそうです。
その後も、定期的に経過観察のため受診されています。

精神的なQOL(生活の質)の向上に

レートリル札幌では、事前に血液・画像データを持参して頂き、自律神経系、免疫系、内分泌系による要因かを捉えて、施療の基本方針としています。
定期的な長期温熱療法によりT細胞、B細胞数、幼若化試験、基礎体温等が優位に増加していた報告(第19回 日本補完代替医療学会抄録集より)もなされています。
民間療法として身体に最適な遠赤外線4〜14ミクロンの吸収光が体内で共鳴し、皮膚表面で熱に変換され、副交感神経を優位に保つビワエキスとの相乗効果によって自己免疫疾患や腫瘍に対しても有効性が示されています。

近年、遠赤外線による難治性疾患(閉塞性動脈硬化症、慢性心不全、線維筋痛症、慢性疼痛、等)を医療機関で治療する方法が全国で導入されています。
レートリル札幌でも当初から同じ波長の遠赤外線による全身マット、足温器を導入して施療していますが、今回、改めて確証させて頂きました。
特に血行再建困難な場合や薬物療法で治療効果が不十分な重症で慢性化している場合は、精神的なQOL(生活の質)の向上にも大いに期待できるものと考えられます。
これらの作用と考えられる要素は、全身の血管機能(血流)を改善、各々のホルモン分泌活性を正す、自己免疫力を高める等、日常生活で簡単に何処でも誰にでも出来、まさに「福音」をもたらす副作用の少ない自然療法と言えるでしょう。

この方は、現在では無呼吸による症状は無く、自宅での持続陽圧呼吸器から解放され、起床時の腰の違和感もなく、外出時での腰部脊柱管狭窄症による諸症状も消えていますが、引き続き定期的に施療に通われています。

◎レートリル札幌(ご紹介はこちらです)
北海道札幌市豊平区平岸二条8−5−26
TEL:011−563−8155

◎「レートリル札幌」に関する体験談
『ビワと健康』  2017年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腰部脊柱管狭窄症の激痛、痺れを克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入