レートリル札幌

北海道札幌市豊平区平岸二条8−5−26 TEL:011−563−8155

田口英雄院長は診療放射線技師として38年に渡り医療の現場で活躍してきたベテランである。

ビワ温熱療法に出会ってその優れた効果に感嘆し、ビワ温熱療法をメーンにした施療院「レートリル札幌」を開設した。

長年培った知識と経験に基づき、病状を的確に見極めて行なう施療は安心度が高い。
施療の内容を含めて、話を聞いた。


  • 治療家を志したきっかけは?
    同期の友人が肺ガンを、知人(看護師)が乳ガンを発症し、抗ガン剤の副作用に苦しんだのちにビワ温熱療法を始め、本人の自宅で施療を手伝ったのがきっかけとなり、副作用がなく、視覚的にも効果・効能が確認できる施療法であることに大変興味を持ち、ビワ温熱療法をメーンにした開業を思い立ちました。

  • 施療院開設の経緯は?
    インターネットでビワ関連の情報を検索・収集し、歴史がある伝統的療法であるとともに近代医療の現場で38年間培った知識と経験(主に免疫学と諸検査)を基にしたビワ療法を行なうべく、神戸でインストラクターの資格を取得し、開業の運びとなりました。

  • 施療の特徴は?
    お客様の症状を近代医療の各データ(画像・体液情報)にて充分に把握するとともに、食事療法、サプリメントの摂取、精神的情報等を的確につかみ取るよう努めています。
    各症状の予診を徹底し、ビワ温熱施療前後の体温・血圧、脈診・舌診を中心にチェックしています。施療前は免疫活性を促す目的で下肢・腹部の温湿布を充分行ない、核関連のツボに温熱を加えています。
    施療中はアロマテラピーとフェイスマッサージを併用し、好評を博しています。また、糖尿病療養士のライセンスを生かし、食事とサプリメントの正しい用法についても指導しています。末期ガンや難病のお客様には、スピリチュアルケア(臨床パストラルケア)を実施し、命の輝きを共に分かち合っています。

  • ビワ療法の利点は?
    ”作用がない、⊆己免疫力を高める、a崢砲梁やかな改善が得られる、な箚安綢悵緡鼎箸靴討睚四兌N鼎僕効と考えられる、等々です。
    また、精神的にも大変リラックスできるので自律神経を整え副交感神経を優位に保てることも挙げられます。

  • 印象的な改善例を教えてください。
    慢性腎盂炎・膀胱炎と診断された女性(71)は、若いころに発症し、現在でも慢性的になっていましたが、ビワ温灸を重点的に行ない、同時にビワの種(錠剤タイプ)を服用することで膀胱炎にかかりにくくなり、慢性化が大幅に改善されました。

  • 信条を一言。
    ・・・肉体の凝りと澱みはビワ健康法で、心の凝りと澱みはエンパワーコーチンでほぐしましょう。心に輝きを・・・。お客様の心になって、近づく努力を惜しまない!です。

◎「レートリル札幌」に関する体験談 『ビワと健康』  2006年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > レートリル札幌