五十肩が短期改善

北海道札幌市 レートリル札幌 田口英雄 院長

五十肩の女性(40)の改善例をお話しします。

この方はプロのオルガニストで、発症から2ヶ月が経過していました。
日中は言うに及ばず、夜寝ていても肩が疼き寝返りを打つと痛みで目が覚めるという状態が続いており、かなり参っておられました。
どうしても指をかばってしまうので出したい音が出せないというプロの演奏者としては深刻な状況に陥っていました。
もちろん病院に通い、痛み止めの投薬やリハビリも行なったそうですが、一向に痛みが和らぐ兆しがなく、ほかにも鍼灸、整体、岩盤浴等の施療を受けたり、複数のサプリメントを摂るなどあらゆる手立てを試み、色々やり尽くした末に友人の紹介で当院に来られたのでした。

ただ、北海道という地域柄ビワそのものに馴染みがないこともあり初めは半信半疑という様子でした。
予診では、足に軽度の浮腫、体温がやや低め、低血圧、結帯・結髪動作が不可能。
夜間痛、運動痛(左肩〜上腕部)、肩こりが確認されました。

急性期と判断し、左肩〜上腕部をビワエキスで湿布し、代謝、循環を高める目的で腹部・背部(腎兪)を温湿布で施療。
さらに足・脚部(湧泉・三陰交・照海・大谿・陰谷・曲泉・血海・三里・太衝)にビワ温灸を施療しました。
同様の施療を2回に渡り実施した結果、左肩〜上腕部の痛みが軽減してきたので、3回目以降は温湿布・温圧療法に切り替えました。
まず10〜15分温湿布を行ない、その後、ビワ温灸を五十肩のツボに行ないましたが、特に「肩井」には温圧を何度も重ね、上腕の「キョウ白」は前後の打ち抜き灸としました。
この「キョウ白」への温圧には反応が著しく、「指先までジーンと響く」と言われ、まさにツボに嵌まったという感覚が得られました。

施療後に腕を動かすと可動域もかなり拡がっており、緩解期も近いと判断しました。
こうして3回目以降、ビワ温灸を施療に用い始めてからは痛みが急速に取れていき、4回目の来院時には「夜間・運動痛から解放され、ぐっすり眠れた」と大喜びされました。

4回目の施療終了時にはほぼ痛みはなくなり、5回目の来院時には、結帯・結髪動作が可能になっていました。
結局、施療を始めて約3週間で普通の状態に回復したわけで、ご本人は改善の速さにビックリ。
もちろん現在も痛みは全くなく、仕事に集中できると喜ばれています。

過労にも効果

この方は後日、同じオルガニストの友人まで紹介してくださいました。
その友人は、五十肩ではありませんでしたが、演奏による疲労、過労といった症状がみられ、やはりビワ温灸の心地よさが非常に喜ばれました。

当院には様々な症状を抱えた方が来られます。
ガンなどの重い病気や低血圧といった症状でもビワ温灸の施療で良い成果が得られていますが、体温や血圧、脈診、舌診等を通じて施療前と施療後の変化を必ずチェックし、より有効な施療を心がけています。
また、副院長は糖尿病の療養師のライセンスをもっており食事の指導をしますし、アロマテラピーの指導では主に女性の方々に喜んで頂いています。
それらの施療と相性がよく、相乗効果の高いビワ療法は、ここ北海道でも着実に拡がりをみせるものと期待し、心のこもった施療に努めていきたいと思っております。

◎レートリル札幌(ご紹介はこちらです)
北海道札幌市豊平区平岸二条8−5−26
TEL:011−563−8155

◎「レートリル札幌」に関する体験談 『ビワと健康』  2005年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 五十肩が短期改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入