膝痛、手の痺れ、膀胱炎

北海道札幌市 レートリル札幌 田口英雄 院長

フラダンスが趣味という女性(72)が慢性の膝関節症で来られました。

とくに肥満体型ではありませんが、年齢的な影響もあってか何度も膝に水が溜まり、正座が出来ない状態で、大好きなフラダンスもドクターストップがかかっていました。

膝の痛みが発症したのは10年ほど前で、三つの病院で整形の治療を受け、水抜きしたり薬の服用やリハビリをくり返したものの完治には至らなかったとのことでした。うちには紹介で来られました。

初めのうちは5日に1回のペースで、毎回、2時間ほどかけてじっくりビワ温灸を施しましたが、3回目で強い体調好転反応が現われました。
事前に説明はしていたのですが、かなり体のだるさを訴えられたので施療を続けられるかどうか心配しました。

4回目の施療後も同様に反応が出ましたが、これを機に膝の痛みが消え、急速に良い方向に向かいだしました。
膝の痛みが取れるとビワ温灸の威力に期待されたのか、それまで口にされていなかった手の痺れを何とかしたいと言われました。
もう何十年も痺れが取れず、殆ど諦めていた様子でした。

左腕の肘から肩、手首から指先にかけて痺れており、利き手は右ながら針に糸を通すことなどの細かい作業は特に難しく、辛い日々を送ってこられたとのことでした。
そこで5回目からは全身とともに腕に重点をおいて温圧を施しましたが、座位での反応が良く、特に「挟白」のツボをサンドイッチにした打ち抜き灸が奏効し、僅か3回の施療で長年の悩みの種だった痺れがきれいに取れたのです。
このころには週1回のペースで施療していました。

初回から教えても2ヶ月にも満たない期間で膝の痛みと手の痺れが完全に消えたのですから、ご本人にとっては驚き以外の何物でもありません。
病院では異口同音に完治は難しいと言われ、電気などの似通った治療やリハビリが行なわれ、ほかにも鍼や整体に通ってみたり、毎月数万円にものぼるサプリメントを摂ったりと努力されたにも関わらず駄目だったそうです。

10回目を数えたところでした。新たに明かしてくださったのが若いころから慢性的になっている腎盂腎炎、急性膀胱炎でした。
温泉が好きで出かけても、後で急性膀胱炎になることが多いとのことでした。
もともと体が冷えていて、施療の前後で体温が変わるのがわかりましたから、話を聞いてなるほどという思いもありました。

そこで痺れを主眼にした施療から切り替え、「膀胱兪」や「腎兪」などを重点的にビワ温灸を行なうこととし、同時にビワの種(錠剤タイプ)の服用をお勧めしました。
これも非常に良かったようで、膀胱炎にかかりにくくなり、「温泉にも安心して行けるようになりました。今までのリハビリは一体何だったんだと思いますよ」と喜んで話されました。

結局、2ヶ月弱で趣味のフラダンスにも復帰され、つま先立ちの振り付けだって難なくこなせているとのことでした。
今では膝の痛みも手の痺れも全くなく、毎日元気に過ごしておられますが、ビワ温灸がとても気に入られて、健康維持を目的に月1回のペースで定期的に通っておられます。
ビワ温灸は、本当に素晴らしい療法です。

◎レートリル札幌(ご紹介はこちらです)
北海道札幌市豊平区平岸二条8丁目5−26
TEL:011−563−8155

◎「レートリル札幌」に関する体験談 『ビワと健康』  2006年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 膝痛、手の痺れ、膀胱炎
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入