腺様のう胞ガンに威力!

北海道札幌市 レートリル札幌 田口英雄 院長

腺様のう胞ガン(蝶形骨洞)を発症した女性(43歳)の改善例を紹介いたします。

この女性は若年時に蓄膿症になり慢性化していましたが、4年前から眼瞼下垂が起こり、昨年7月頃から顔面全体、とくに耳、歯、眼の周り、口腔内、鼻から上唇にかけて痺れによる麻痺症状が出現しました。
病院で検査入院しMRI検査および、蝶形骨洞の生検を施行した結果、腺様のう胞ガンと診断されました。
腫瘍が血管、三叉神経に浸潤しているため手術は不可能と指摘され、放射線療法(重粒子線、陽線ほか)を奨められましたが、副作用の恐れから選択しませんでした。

初めて来られたときは、前述の症状のほか、両手に異常発汗があり、両足も異常な冷たさが認められ、日常生活においても両鼻づまり、疲れやすい、寒がり、眠たがり、熟睡できない等の症状があり、外出もままならない状態でした。
予診では、低体温、低血圧、食事療法によるアンバランスな血液検査データの高低値、脈診では左(心・肝・腎)、右(肺・脾・腎)とも全体的に弱く、軽度の肩こりも確認されました。

全身の循環、代謝、免疫力を高める目的で、両下肢、腹部(腸〜腹直筋・腹斜筋)〜鼠頸部および背部(腎部〜臀部および広背筋を中心)をビワエキスを用いた温湿布で施療しました。
またビワ温灸器を用いて低血圧、自律神経失調、肩こり、三叉神経、冷え性、蓄膿症等に効果のあるツボを中心に週1回施療しました。
両鼻詰まりを軽減する目的でビワ温灸器から気化したエキスを直接鼻腔より左右同時に、あるいは交互に吸入してもらいました。
日常生活においては特に鼻詰まりが行動や精神面で苦痛を与え支障を来していたので、ビワ茶(ビワ茶+自然塩+ジュウソウ)による鼻のうがいを1日3回、起床時・外出時・就寝前に行なってもらいました。

特に鼻詰まりがひどいときは、脱脂綿にビワ茶(オリーブ油+ビワエキス)を含ませて鼻腔に詰めてもらい、さらにビワ温灸器による気化したビワエキスの吸入も実施してもらいました。
併せて、アンバランスな食生活の摂取内容についても注意点を指導させて頂きました。

ビワ温灸の施療開始初回より顔全体に響く感覚があり眼瞼下垂、顔面全体(耳、歯、眼の周り)、頭痛等が軽減し、2回目から両手の異常な発汗も改善されました。
この方は特に、顔面に通行経絡の各ツボを温灸し、舌下(玉液・金津)に気化したビワエキスの噴霧を重点的に行ない、ほかの部位を温灸しているときはビワの種(粉末)を歯肉および舌下に塗布し施療しました。
今ではシンプルな療法になりましたが、ビワ茶による鼻のうがい開始後鼻汁より黄色様の粘液が見られ、涙にも白色様粘液が見られ、明らかに膿が流れ出ていることがわかりました。

新年を迎え1週間目より、両鼻の詰まりが改善され、顔面全体の痺れや頭痛などが軽減し、施療中にもご本人から明るい会話が声高く響くようになりました。
日常生活でもお子さんと週2回のショッピングに出かけるまでに回復し、外出後は外気の刺激を受けて特に黄色様の粘液性の鼻汁が出るようになりました。

ご本人の徹底した各ビワの摂取と施療が大幅な改善に繋がり、1月下旬の再検査では鼻の左右にあった膿は完全に消え、蝶形骨洞部分の膿も3分の1の大きさに退縮していました。
今後に大きな期待と希望をもって施療に通っておられます。

◎レートリル札幌(ご紹介はこちらです)
北海道札幌市豊平区平岸二条8−5−26
TEL:011−563−8155

◎「レートリル札幌」に関する体験談 『ビワと健康』  2007年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腺様のう胞ガンに威力!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入