胆石が消滅していた!

宮崎県延岡市 Kahle か〜る 木村香春 代表

3年前、肺炎で入院。その際、主治医から「せっかくだから全身を調べましょう」と言われてCTを撮りましたが、そのとき胆石が見つかりました。

痛みも何もなかったので驚きました。
幸い、すぐに治療が必要という状態ではありませんでした。ただ、「今後、お腹が痛くなったり急な発熱があれば、その時は早めに処置しないといけません」と説明を受けました。

以来、自分なりに意識してビワ温灸を週1回程度当て、ビワの種(錠剤タイプ)やビワの葉茶を飲んだりしてケアしてきました。
ところが、今年8月上旬、急な下痢と嘔吐、発熱に見舞われてしまったのです。
さらに胆石を思わせる部位、腰の少し下に痛みが走り、「これは来たな」と発症を覚悟しました。

翌日、近所の病院に行き、医師に3年前に胆石を指摘されたときの様子をお話ししたところ、「それなら超音波で検査してみましょう」となり、時間を掛けてじっくりと診て頂きました。
しかし、胆石の痕跡はなく、医師曰く「どこにも見当たらないね。途中で流れちゃったんじゃないかな」とのことでした。
結局、今回の症状は急性の感染性胃腸炎と診断され、薬が処方されてほどなく回復しました。

心配していた胆石はどうなったのか?薬を飲むこともなく自然に無くなっていたわけで、思い当たるのはただただ根気よく続けていたビワ療法でした。
ビワ温灸なのか、種なのか、お茶なのか、あるいはそれら全部なのか、いずれにしてもビワ療法のお陰と感謝しました。

娘の成長痛が軽減

もう一つ、小学1年の娘の成長痛の改善についてお伝えします。

保育園でもたまに痛がっていましたが、小学校に上がってから頻繁に膝の痛みを訴えるようになりました。
洋服や靴のサイズが短期間で変わり、著しい成長を実感していました。
度々「痛い、痛い」と口にする娘に「それじゃビワ温灸する?」と尋ねると、二つ返事で了解しました。
娘は2歳のときからビワ療法のお世話になっているので全く抵抗はありません。
両膝周りに5〜10分程度ビワ温灸を施すと立ち所に痛みが収まり、気持ちが良くて眠ることもありました。
ビワ温灸を行うと何日間か痛みが出ないのです。

思えば私も小さい頃に成長痛で母に膝をさすってもらった記憶があります。
ビワ温灸の優しさはまさに手当の温もり。
成長痛のお子さんには、ビワ温灸をお勧めします。

◎Kahle か〜る(ご紹介はこちらです)
宮崎県延岡市大貫町3−1048−1
TEL:080−1797−3958

◎「kahle か〜る」に関する体験談
『ビワと健康』  2015年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 胆石が消滅していた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入