肩こりや冷えに威力発揮

宮崎県延岡市 kale か〜る 木村香春 代表

うちに来られる方々の年齢層は幅広く、20代から最高だと93歳の女性までおられます。

平均すると50〜60代が多い傾向にあります。
最近は、肩こりに起因する頭痛や眼精疲労などの症状を訴えてみえる方が増えてきました。

1日中座りっぱなしでパソコンを操作しているような、いわゆるデスクワークの方たちは、特に今の時期は、長時間冷房にさらされて体が冷え切ってしまい、余計に固まっている状況があります。

施術の手順としては、まず骨盤の歪みなどをみせて頂いています。
それというのも意外に肩こりは骨盤や背骨の歪みと関係しているケースが多くみられるからです。

中には腰を整えただけで「何か、こりがほぐれた気がする」とおっしゃる方もおられます。
そんな理由から長く通われている方を中心に、ソフトカイロプラクティックで体全体を整え、そのうえでビワ温灸を行なう形態をとるようにしています。
この二つをセットで行なうと、施術を終えて帰られる頃には、皆さん、「こりがほぐれて痛みが取れた」とか「体がスッと軽くなった」といった効果を口にされます。

ビワ温灸は、もちろん肩から頭部、目の周りなど患部にしっかり施しますが、低体温であったり、自ら冷えを感じておられる方には、お腹や足の裏に至るまで全身くまなく行なうようにしています。
とかく足もとが冷えていると脚部ばかり意識しがちですが、冷えに対処するには腹部への施術が必須となります。
ここではビワ温灸を入念に施しますが、ご自宅では夏場でも腹巻を着用したり、ビワエキスを使った温湿布を試すなど、ご自身での取り組みについてもアドバイスさせて頂いています。

ちなみに93歳の女性は、「体全体が重たい、腰が痛い」と言って訪ねてみえました。
胆石などの症状もあるとのお話でしたのでビワの種をご紹介したところ早速、錠剤タイプのものを飲み始められました。
ビワ温灸では「すごく気持がいい。体が芯から温まった」と喜んでおられましたし、ビワの種でも、「良いような気がする」とのご感想で、続けて飲んでおられます。
こり、冷え、痛み、いずれの症状にもビワ療法は効果的です。
また、ビワ療法は様々な療法と相性が良いので各種治療院でも広く用いられることを期待しています。

◎kahle か〜る (ご紹介はこちらです)
宮崎県延岡市大貫町3−1048−1
TEL:080−1797−3958

◎「kahle か〜る」に関する体験談
『ビワと健康』  2014年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肩こりや冷えに威力発揮
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入