子宮筋腫に伴う症状が改善

宮崎県延岡市 kahle か〜る 木村香春 代表

子宮筋腫が進行し手術を迫られている女性(40代半ば)がビワ温灸などを続けることで、お腹の張りや脚の付け根のこわばりといったこの病気に起因する症状が改善されている例をご紹介致します。

お話を伺うと初めは1、2個だった筋腫は経過観察している間に8個にまで増え、担当医から「手術しなけりゃ駄目だ」と言われたそうで、何とか事前に治せないものかと漢方薬を飲み始め、ビワ療法も試してみたいと思われたとのことでした。

彼女は立ち仕事で貧血もひどかったようですが、それは漢方薬でかなり改善されている様子でした。

しかしながら初めての施療時は、お腹の張りはかなりのものでした。下腹部にビワ温灸器を当てるとボコボコとした硬さが伝わってくるのです。
また、足が冷えてむくんでいましたし、脚の付け根のこわばりは痛みを伴うため朝すんなりと起床出来ないとおっしゃるのです。
お仕事では腕を使うらしく肩もパンパンに凝っている状態で、休日は疲れ果てて一日中寝ていることもあるとのことでした。

ビワ温灸は初回から「気持ちがいい」とおっしゃられ気に入られました。
施術後、自宅で出来るビワの生葉とコンニャクを用いる温湿布やビワエキスの作り方などをアドバイスさせて頂きましたが、彼女は早々に取り組まれたようでした。
また月刊「ビワと健康」のサイトを参考にされることもお勧めしました。

ビワの種も併用

施術は腰に痛みがあるときは骨盤調整をしたり、肩こりにはテーピングや手技による肩ほぐしを行ないましたが、子宮筋腫に関してはビワ温灸をメーンにし、さらに同紙の改善例にもあるビワの種(錠剤タイプ)を1日10粒飲まれることにされました。

彼女はビワ温灸の熱の入りがよく、回を重ねるにつれ体調が上向いていくのが感じられました。
週1回の施術を4、5回重ね、1ヶ月ほど経ったときでした。「体が軽くなってきた」と嬉しそうに話されました。
それは、施術する側である私が『明らかにお腹が柔らかくなってきたな・・・』と感じたのと同じタイミングでした。

彼女自身、自宅で下腹部へのコンニャク湿布を毎日欠かさず行なったことも奏効したと思われます。
脚の付け根のこわばりもなくなって朝スッと起きられるようになり、今では夜コンニャク湿布をしないと眠れないほど習慣づいておられます。
体調の良い状態をキープされつつ、筋腫そのものも改善が進むことを期待しています。

◎kahle か〜る (ご紹介はこちらです)
宮崎県延岡市大貫町3−1048−1
TEL:080−1797−3958

◎「kahle か〜る」に関する体験談
『ビワと健康』  2011年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 子宮筋腫に伴う症状が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入