kahle か〜る

宮崎県延岡市大貫町3−1048−1 TEL:080−1797−3958

もともと自然療法に興味があり、会社勤めの傍らアロマセラピストの資格を取得するなど研鑽を積んできた木村香春代表。

自身のヘルニア発症が引き金となって、長年心に温めてきた施術者の道を歩むこととなった。
お客様の喜ばれる姿に生きがいを感じ、真心を込める丁寧な施術は好評だ。

より幅広いニーズに応えるべく導入したビワ療法も定着しつつある。話を聞いた。
  • 治療家を志したきっかけは?
    立ち仕事でヘルニアを発症し、会社を辞めることになったのが直接のきっかけですが、それ以前から健康関連の仕事に興味があって10年ほど前にアロマセラピストの資格を取得し、いずれは開業したいと考えていました。
    アロマに加え、リフレクソロジーとフットケアの技術を習得し、
    4年前にオープンしました。

  • kahle(か〜る)の名称は?
    ある方に命名して頂きました。
    元々はカール・ブッセというドイツの詩人の名前に由来します。
    少し読みにくいスペルも指定されたものですが、音の響きのイメージから体が軽くなる、気持ちが軽くなるといった語呂合わせが連想され、気に入りました。

  • こちらの特長は?
    アロマ、リフレ、フットケアに加えてソフトカイロプラクティック、ビワ療法を導入し、複数のメニューの中からお客様のご希望に応じた施術を提供していることです。
    リフレとビワを組み合わせた施術も行なっています。

  • お客様の傾向は?
    20代〜70代までと年齢層は幅広く、ニーズもまちまちです。駐車場があるので車で来られる方が多いのですが、近隣の方は自転車や徒歩で気軽に通われています。

  • フットケアの内容は?
    足裏の角質除去や爪の形成、魚の目、外反母趾等々、トラブルを含め足に関する種々のケアを行ないます。
    足の状態をみて靴の中敷を作ることもします。

  • ビワ温灸の利点は?
    まずは体を心から温め血行を促進させること。また、どなたにも用いることができることです。例えばリフレだけではコリが取り切れない場合などビワ温灸を併用することで相乗効果が得られます。
    ソフトカイロとも相性が良く、腰の痛みを訴える方には腰の歪みを矯正したうえでビワ温灸を施すと改善が早まります。

  • 改善例は?
    腰痛、肩こり、頭痛、眼精疲労、冷え性などで改善が多く、これらの症状にはビワ温灸が定着しています。また、1年以上定期的に通われている方で花粉症が出なくなった例もあります。温灸以外でもビワの種(錠剤タイプ)で夫の花粉症が良くなりましたし、ビワ茶で喘息の激しい咳が改善した例もあります。

  • 信条を一言。
    一期一会です。 体を良くするのはお客様ご自身なので、そのお手伝いをさせて頂いていることを念頭におき、お客様お一人お一人に心を込めて施術させて頂くことを心がけています。

◎「kahle か〜る」に関する体験談 『ビワと健康』  2012年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > kahle か〜る
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入